新しいものづくりがわかるメディア

RSS


TechMagicとプロント、「パスタ自動調理ロボット」共同開発

TechMagicは、プロントコーポレーションと共同開発中の「パスタ自動調理ロボット」が開発最終段階に入ったことを発表した。

TechMagicによると、外食産業の最大のコスト要因は人件費で、これが企業の収益性や持続可能性に大きく影響する。また、新型コロナウイルス感染症拡大以前は人手不足が課題と言われてきたが、現在は店舗内での人同士の接触をできるだけ避けることが新たな課題となっている。

同ロボットは、「プロント」で提供するパスタ商品を自動調理することを目的に2018年から開発を進めてきた。これまで難しかったパスタの茹でから具材とソースの加熱、盛り付け、そして鍋の洗浄までの一連の調理工程の完全自動化を目指している。部分的な自動化ではなく一連の全工程を自動化できるために、1人単位での人件費削減を実現できるという。また、スピードや品質の両面で現在の人のオペレーションと同等の熟練の調理技術を再現できる。

2021年上半期には、同ロボットをプロント店舗へ導入する予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  2. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  3. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  4. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  5. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  6. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  10. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る