新しいものづくりがわかるメディア

RSS


イルミネーションやIoTセンサーを作ろう——カラフルなウェアラブルガジェット「CodeBug Connect」

カラフルなLEDディスプレイで遊んだり、ウェアラブルデバイスとしても使えるプログラマブルなガジェット「CodeBug Connect」がKickstarterに登場し、人気を集めている。

photo

CodeBug Connectは、2015年にクラウドファンドを成功させた「CodeBug」の最新版。今回、5×5のフルカラーLEDやWi-Fi、4MBフラッシュなどを搭載した。Pythonまたはブロックプログラミングでコーディング可能で、STEAM教育向けの利用も見込んでいる。

photo

カラフルな表示機能を生かして、イルミネーションとして飾ったり、ライトペインティングに使うことができる。

photo

また、ボードを追加すれば、街の大気質マップを作ったり、動物の動きを感知してスマホに通知したりと、IoTセンサーとして利用できる。

photo

本体には、加速度センサーやタッチセンサーを内蔵。オプションのセンサーボードは、温度/気圧/湿度/紫外線などが測れる環境センサー、GPS、PIRセンサー、大気質センサーを用意しており、数珠繋ぎのように本体へどんどん追加していくことができる。

photo

クリスマスまでの配送を望むなら、PIRセンサーと特別サイトへのアクセス権などをセットにしたスペシャルエディションが40ポンド(約5600円)で手に入る。通常の早割価格は27ポンド(約3800円)で、出荷は2021年3月の予定。日本への送料は9ポンド(約1300円)だ。

CodeBug Connectは、2020年12月11日までクラウドファンディングを実施中。12月3日時点で、6000ポンド(約84万円)の目標額を上回る約9100ポンド(約128万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  2. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  3. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  4. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  5. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  6. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  10. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る