新しいものづくりがわかるメディア

RSS


理経、ACSL、VFR、VRを活用したドローン開発用エミュレーターの開発へ

理経、ACSL(自律制御システム研究所)、VFRは、VR画像の生成技術を応用し、ドローン活用現場を構築したエミュレーターを共同で開発すると発表した。

産業用ドローンは、実際の現場で実証実験を重ねることで、現場での課題解決に活かせるものをカスタマイズで作り上げていく。しかし、実証実験は実施までに多くの時間を要する。また、エミュレーターを使うにしても、従来のエミュレータはVisual SLAM飛行に用いられるさまざまなカメラに対応しておらず、必要な検証の実施が困難だった。

そこでACSLとVFRは、新たなドローン開発用エミュレーターの開発を考案。理経の持つVR画像生成技術と、ACSLとVFRが持つドローン開発技術と実証実験の経験を組み合わせ、ドローン開発用エミュレーターを共同開発することにした。

3社は、一部に実コントローラーを使用したHILS構成を前提として、CGで製作したVR空間を用いたエミュレーターを開発する。VR空間上には実際と同様の建物、天候、ドローンモデルなどを再現し、フライトコントローラーの制御信号に基づき、リアルタイムにドローンの挙動を計算/映像に反映する形でのシミュレーションも合わせて実施する。

さらに、ドローンに搭載されたカメラ特性を踏まえた仮想カメラをVR空間内に配置し、リアルタイムに映像を生成することで、実映像と同等のCG映像をエミュレーターに用いる。これにより、Visual SLAM開発に必要な膨大な映像データを短時間で生成する。

今後、ドローン活用現場をリアルに構築し、ステレオカメラ、赤外線カメラ、レーザー光を利用するLiDARセンサーなど、点検用ドローンに使用されるカメラに対応したエミュレータを共同で開発することで、ドローン開発の効率化を図る。また、ドローン開発にエミュレーターを用いることで、煙突点検ドローンや閉鎖環境点検ドローンなどの用途特化型機体の実証実験を重ねるという。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  2. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  3. 3Dプリンター製液体ロケットエンジン「E-2」が試験燃焼でフル推力を達成
  4. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  5. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  6. スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico」新製品を販売開始
  7. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  8. 電気を使わずビニールテープ製フライホイールで動く8脚ロボット、発進!
  9. 無電源で現場を監視——広角レンズ搭載のIoT自動撮影カメラ「ハイクカム LS4G」
  10. APPLE TREE、高さ600mmまで造形可能な大型FFF方式3Dプリンター「Guider 3 Plus」を公開

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る