新しいものづくりがわかるメディア

RSS


虫嫌いへの救世主——部屋の虫を外へ逃がせる「BUG ROCKET」

家の中にいる虫を駆除せずに、捕獲して外に逃がすためのプロダクト「BUG ROCKET」が、Kibidangoで出資を募っている。

BUG ROCKETの使用方法は、容器内の漏斗に虫を誘導してから家の外まで運び、漏斗を外して虫を逃がすだけ。殺虫剤と異なり、部屋を有害物質で汚染する心配もなく、食材を扱うキッチンや染み込みが気になる寝具の上でも気軽に使える。

試作モデルの漏斗は不透明なプラスチック製だが、製品版では半透明のシリコン素材を使用するため、覆いかぶせた上からも虫を追跡できる。

漏斗の端面を弾力のあるシリコン素材にすることで、凹凸のある壁でも虫を捕まえられるほか、捕獲部分は四角形のため、隅にいる虫も捕獲可能だ。

虫が苦手な人でも使えるよう配慮されているのもポイントで、縦に長く、プロダクトの先端で虫を捉えられるため、虫との距離を保って使用できる。

部屋の隅に行きやすい虫の性質に対応するため下部を四角形とし、上部は持ちやすさや、逃がしやすさを考慮して円形を採用。虫を狭い屋内から広い屋外へ逃がすロケットというイメージで、下部はロケットの発射口とジェット噴射をイメージして渦巻き状のデザインとしている。

定価は2200円だが、Kibidangoでは早割価格として、33%オフで1480円(価格はすべて税込)で購入できるプランなどを用意している。クラウドファンディングの期限は2021年2月8日まで。目標金額14万円は2020年12月13日の時点で達成しており、製品の発送は2021年6月下旬を予定している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  2. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  3. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  4. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  5. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  6. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  10. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る