新しいものづくりがわかるメディア

RSS


レトロなコンピューターターミナル——Raspberry PiベースのオールインワンPC「DevTerm」

Raspberry Pi CM3をレトロデザイン筐体に組み込んだ、キーボード、ディスプレイ一体型のコンピューター「DevTerm」が登場した。プログラミングツールとしてだけでなく、ゲーム機としても利用できる。現在、予約を受け付け中で、2021年4月までの発送予定だ。

photo

DevTermは、1280×480画素の6.8インチIPS液晶ディプレイ、キーボード、サーマルプリンター、バッテリーモジュールを搭載した組み立て式のポータブルコンピューターだ。

photo

メインボードは「ClockworkPi v3.14」で、USBやmicro HDMI、オーディオ端子など12種類のインタフェースを備え、メモリやCPUのアップグレードも簡単なモジュール設計としている。Raspberry Pi Computer Module 3が接続できるDDR2-SODIMM 200 ピン スロットを備え、冷却ファンや、カメラインタフェースなどは拡張モジュールに搭載する。

photo

キーボードは、QWERTY配置の67キーに加え、ミニトラックボール、マウスボタン、ゲーム用ボタンを内蔵している。幅58mmのサーマルプリンターを搭載し、解像度は200dpiだ。バッテリー駆動に対応し、18650リチウムイオン電池を2本セットできる。また、ワイヤレス通信にも対応し、Wi-FiとBluetoothを搭載する。

photo

現在、5種類の組み立てキットをラインアップしており、コア数は最大6コア、メモリは最大4GB。価格は、Cortex-A53搭載の「A04」シリーズが249ドル(約2万6000円)、Cortex-A72およびCortex-A53搭載の「A06」シリーズが319ドル(約3万3000円)、Raspberry PI CM3+ Lite搭載の「RPI-CM3」シリーズが219ドル(約2万3000円)からだ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  2. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  3. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  4. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  5. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  6. アシックス、パラメトリックデザイン手法と3Dプリント技術を活用した「ACTIBREEZE 3D SANDAL」を開発
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  9. スイッチサイエンスがM5Stackの工業用途向け開発プラットフォーム「M5Station」を販売開始
  10. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る