新しいものづくりがわかるメディア

RSS


レトロなコンピューターターミナル——Raspberry PiベースのオールインワンPC「DevTerm」

Raspberry Pi CM3をレトロデザイン筐体に組み込んだ、キーボード、ディスプレイ一体型のコンピューター「DevTerm」が登場した。プログラミングツールとしてだけでなく、ゲーム機としても利用できる。現在、予約を受け付け中で、2021年4月までの発送予定だ。

photo

DevTermは、1280×480画素の6.8インチIPS液晶ディプレイ、キーボード、サーマルプリンター、バッテリーモジュールを搭載した組み立て式のポータブルコンピューターだ。

photo

メインボードは「ClockworkPi v3.14」で、USBやmicro HDMI、オーディオ端子など12種類のインタフェースを備え、メモリやCPUのアップグレードも簡単なモジュール設計としている。Raspberry Pi Computer Module 3が接続できるDDR2-SODIMM 200 ピン スロットを備え、冷却ファンや、カメラインタフェースなどは拡張モジュールに搭載する。

photo

キーボードは、QWERTY配置の67キーに加え、ミニトラックボール、マウスボタン、ゲーム用ボタンを内蔵している。幅58mmのサーマルプリンターを搭載し、解像度は200dpiだ。バッテリー駆動に対応し、18650リチウムイオン電池を2本セットできる。また、ワイヤレス通信にも対応し、Wi-FiとBluetoothを搭載する。

photo

現在、5種類の組み立てキットをラインアップしており、コア数は最大6コア、メモリは最大4GB。価格は、Cortex-A53搭載の「A04」シリーズが249ドル(約2万6000円)、Cortex-A72およびCortex-A53搭載の「A06」シリーズが319ドル(約3万3000円)、Raspberry PI CM3+ Lite搭載の「RPI-CM3」シリーズが219ドル(約2万3000円)からだ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  4. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  5. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. Liqcreate、柔軟性と高弾性を追求した光造形3Dプリンター用レジン「Elastomer-X」を発表
  10. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る