新しいものづくりがわかるメディア

RSS


AWSでIoTアプリケーションを構築——スイッチサイエンス、「M5Stack Core2 for AWS - ESP32 IoT開発キット」発売

スイッチサイエンスが、AWS(アマゾンウェブサービス)を使ったIoTアプリケーションの構築向けの開発キット「M5Stack Core2 for AWS - ESP32 IoT開発キット」を発売した。

photo

同キットは、「M5Stack Core2」に本キット用にカスタマイズした専用バッテリーボトム「M5GO Bottom2」を加えた製品だ。AWS IoT EduKitプログラムのリファレンスハードウェアであるため、AWSを使ったIoTアプリケーション構築を簡単かつ効率良く学習できるという。

photo

SP32-D0WDQ6-V3マイコンおよびオンボードで8MB PSRAMと16MBフラッシュを搭載。2.4GHz Wi-FiやBluetooth4.2 BR/EDR、BLEが利用できる。また、2.0インチ静電容量タッチスクリーンや振動モーターを搭載し、さまざまな入出力インタフェースを実現する。

photo

その他、500 mAhリチウムイオン電池およびAX192電源管理チップ、I2Sデジタルオーディオインターフェース、RTCモジュール、プログラム可能なタッチボタン(×3個)、6軸慣性計測ユニット兼温度センサー、デジタルマイクなどを搭載する。

photo

また、Microchip製のATECC608A Trust&GO暗号認証チップによってAWSへの接続が簡素化し、さらに暗号計算の高速化に利用できるセキュアキーが提供される。

スイッチサイエンスのウェブショップにて販売中で、価格は5852円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  2. 目を閉じても見える——網膜にARを投影するスマートコンタクトレンズを開発
  3. リニア式電源、ラズパイ対応の高音質ミュージックサーバー「MS-100」を発売
  4. タイピングした文字を手書きしてくれるロボット「PlottyBot」——Raspberry Piで製作
  5. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  6. Raspberry PiによるPCデータレコーダーのエミュレータ「Raspberry Pi用ピーガーMODEM 【初回版】」発売
  7. ガラスやアクリルのような透明感を表現——3Dプリンター用クリアインク「MH-110PCL」
  8. フィルムカメラをデジタル化——Raspberry Piを使った「Digital Film Cartridge for Analog Cameras」
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る