新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ロンドンのスタートアップが「食べられるプラスチック」でソース包装材を開発——原料は海藻

バイオテクノロジー系スタートアップの英Notplaは、海藻から製造する包装材料の展開を計画している。企業名と同じ「Notpla」と名付けられた包装材料は、完全な生分解性を備え、食べることも可能。現在主流のプラスチックに替わる、持続可能な包装材料としての普及を目指す。

この包装材料を用いた小袋「Ooho」は、Notplaの前身、英Skipping Rocks Lab時代の2013年に発表され、動画が口コミで広がった。4~6週間で自然に生分解するOohoは、ソースや飲料用のゴミの出ないパッケージとして活用でき、実際にロンドンマラソンなどで採用されている。

原材料となる海藻については、食用のものと競合することがなく淡水も不要。1日に1mもの速さで成長することから、NotplaのWebサイトでは「最も再生可能な資源の1つ」と紹介されている。

今後Notplaは、容量20~150mlのOoho製造装置を地元の事業者にリースし、材料のカートリッジを販売するビジネスモデルを展開していく計画だ。運用開始は2021年を予定しており、食品用パックやヒートシールできるフィルムといった、Ooho以外のラインアップも幅広く展開する予定だ。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  2. まるで車輪付きの2階建てビル——世界最大の「Hummer H1」がUAEの博物館に収蔵
  3. 目を閉じても見える——網膜にARを投影するスマートコンタクトレンズを開発
  4. リニア式電源、ラズパイ対応の高音質ミュージックサーバー「MS-100」を発売
  5. タイピングした文字を手書きしてくれるロボット「PlottyBot」——Raspberry Piで製作
  6. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  7. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」
  8. Raspberry PiによるPCデータレコーダーのエミュレータ「Raspberry Pi用ピーガーMODEM 【初回版】」発売
  9. 理科の授業に必要な計測/制御などを1台で——USBを挿すだけで使える道具箱「AkaDako STEAM BOX プロトタイプ」
  10. フィルムカメラをデジタル化——Raspberry Piを使った「Digital Film Cartridge for Analog Cameras」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る