新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ビットキー、ハードウェアのデジタルコネクト技術の提供を開始

ビットキーは2020年12月18日、デジタルコネクトプラットフォーム「bitkey platform」と、デジタル化に必要な技術/製品の提供をハードウェア開発企業向けに開始した。

またコネクトパートナー第一弾として、総合ロックメーカーのアルファが2021年9月に発売を予定している次世代型スマートロックに、bitkey platformが採用されたことも併せて発表した。

bitkey platformは「世界中のあらゆるものを柔軟につなぐ」をコンセプトとしたID連携/認証、権利処理のデジタルコネクトプラットフォームで、各事業者の提供するサービスそれぞれのIDを残したままID-Hubを提供することで、さまざまなサービスを接続できることが特徴だ。

bitkey platformと連携するための提供技術/製品には電子回路基板やファームウェア、APIなどがあり、製品ごとに最適な手段を選択できる。

対象ハードウェアには宅配ボックスやロッカー、キーボックスに加え、電子錠やスマートロック、自動ドアエレベーター、車載器ボックスや空調機器、生活家電やIoTカメラなど、多岐にわたる製品が含まれる。

同社が提供するデジタルコネクトテクノロジーはオフラインでも利用可能で、セキュリティ上インターネットと接続できない製品や、インターネット環境が十分でない地下や山間部での利用にも対応できる。

また、今後はbitkey platformを核としたID認証/連携、スマホアプリやSaaSシステム、組み込みにおける電気回路基板、ファームウェアなど、新製品開発、既存製品のアップデートともに対応可能な技術および製品を提供する。

同社はhubシリーズを開発していることから、hubシリーズを通じてハードウェアを利用するユーザーの体験性向上も目指す。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  4. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  5. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  10. 第1回 ラズパイってなんですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る