新しいものづくりがわかるメディア

RSS


NordicのnRFシリーズSiP「nRF9160」がBraveridgeの開発キット「SonicBoard」に採用——LTE-Mデバイスの開発期間を短縮

Nordic Semiconductorは2020年12月17日、同社のSystem-in-Package(SiP)「nRF9160」が、Braveridgeの開発キット「SonicBoard(FBV-EVK-N9160 SonicBoard)」に採用されたと発表した。

SonicBoardはプロトタイプ作成期間の短縮や、製品を短期間かつ安価に市場投入することを目的として設計された開発キットだ。

80×173.5×14mmのフォームファクタで提供され、フルカラーLEDや長押しリセット、USB-UARTブリッジ、デジタルマイク、I2S入力のD級アンプのほか、QSPI経由でアクセス可能な外付けRAM(2MB)といった各種ペリフェラルが搭載されている。

内蔵のLiPoバッテリー充電コントローラーブロックや、USBおよび外部電源入力など、多彩な電源オプションがある。なおセンサーは実装されていないため、用途に適したセンサー開発キットを選択し、ボードに接続する必要がある。

nRF9160はLTE-M/NB-IoTモデムとGPSを統合した低電力SiPで、RFフロントエンド、GPS、マルチモードのLTE-M/NB-IoTモデムが組み込まれている。

CPUコアプロセッサーにはArm Cortex-M33を採用しており、1MBのフラッシュメモリーと256KBのRAMオンボードメモリーを搭載。さまざまなアナログ/デジタルのペリフェラル、自動化された電源およびクロック管理に加えて、Trusted Execution用のArm TrustZone、アプリケーション層セキュリティ用のArm CryptoCell 310を備えている。

プロセッサーはBSDセキュアソケットAPIを介してLTEモデムと通信し、アプリケーション層プロトコルやアプリケーションをサポートする。

LTEモデムはSIM/eSIM両方をサポートしており、700~2200MHzのLTEバンドのサポート、23dBmの出力電力、50ΩのシングルピンアンテナおよびUICCインターフェイスを提供する。

また、BraveridgeはSonicBoardのBLE対応版として「FBV-EVK-CN52840CFSLR」と「FBV-EVK-CN5210S」の2モデルの販売を今年9月に開始している。

各モデルにはNordicのマルチプロトコルSoC(nRF52840、nRF52810)がそれぞれ採用されており、BLEによる無線接続が可能だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  4. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  5. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  10. 第1回 ラズパイってなんですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る