新しいものづくりがわかるメディア

RSS


自宅で科学を学ぼう——科学実験キット「Scisizz」

子ども向け科学実験キット「Scisizz」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

Scisizzは、実践的な実験を通して子どもたちの好奇心を刺激し、解析的で創造的な思考力を養う家庭用実験キット。対象年齢は8~14歳だ。

photo

レモン電池やペットボトルロケットの作製から、DNAの抽出や微生物の培養まで、50種類以上の幅広い体験ができる。環境発電や電気自動車の原理など、第4次産業革命とも呼ばれる技術革新の基礎に触れることもできるとしている。

photo

25種類の実験ができる「Silver Package」と、50種類以上の実験ができる「Gold Package」の2種類のキットを用意する。家庭で手に入る材料のほかに、付属の実験器具やキットを使って、すぐに実験を始めることができる。

photo

付属の電子ブック「The Scisizz e-book」や、オンラインフォーラム「Membership of the SciSizz Club」の動画を見ながら、実験のねらいや原理を学ぶことができる。繰り返し使える実験キットと合わせて、科学の探求を手助けするとしている。

photo

送料無料の早割価格は、Silver Packageが145豪ドル(約1万1000円)、Gold Packageが265豪ドル(約1万9000円)。出荷は2021年5月の予定だ。

Scisizzは、2020年12月29日までクラウドファンディングを実施中。12月21日時点で、目標額9万7600豪ドル(約764万円)のうち、約2900豪ドル(約23万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  4. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  5. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  10. 第1回 ラズパイってなんですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る