新しいものづくりがわかるメディア

RSS


企業の枠を超えたエンジニアが共創する場を——東京建物と東京メイカーが「TOKYO IDEA EXCHANGE」開設

東京建物は2020年12月17日、東京メイカーと共同で、ものづくりを通じた社会課題解決に貢献する場として「TOKYO IDEA EXCHANGE(TIEX)」を開設した。

TIEX開設に加えて、企業の枠を超えたエンジニアが共創する場「Engineers United Society」を組成するとともに、慶應義塾大学病院感染制御部、橋本総業、TIEXの3社で「コロナ対策機器(超軽量飛沫感染防止BOX型シールド)」を共同開発したことも併せて発表した。

TIEXは、江戸時代にものづくり文化が開花し現在も製造業の本社が多く立地する京橋に、ものづくりに関わる企業や人の交流を促す拠点を作り、世の中にある困りごとを、エンジニアリングを通じて解決するための活動を行う。

同施設は工作室やUVプリンター、3Dプリンターなどの設備を備えており、以下3つの取り組みを通じて社会課題をスピーディーに解決することを目的とする。

1)ものづくりコンシェルジュ
大企業では小ロットで対応できないような課題や、図面等が無く製作できないような課題に対して解決策を提示し、アイデアを実現するサービスを提供する

2)Engineers United Society
ものづくりを通じた社会課題解決のため、一流エンジニアが企業の枠を超えて集まるコミュニティを運営する

3)リーン・プロトタイピング
大企業やスタートアップ企業からの依頼に対して、約30社のものづくり中小企業ネットワークと連携し高度なプロトタイピングサービスを提供する

コロナ対策機器(超軽量飛沫感染防止BOX型シールド)は、新型コロナウイルス感染が拡大する今年の4月頃、慶應義塾大学病院感染制御部から従来の飛沫感染対策の製品に関する困りごとの相談を受け、橋本総業とTIEXが連携して開発を進めてきた。

超軽量 飛沫感染防止BOX型シールド

重さは従来製品の約1/10で、落としても壊れにくく、繰り返しのアルコール消毒が可能なことに加えて、コンパクトに折りたたむことも可能だ。今後も医療×エンジニアリングの取り組みを継続し、新型コロナウイルスと戦う医療従事者の支援などの社会課題解決に努める。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  2. 小型バーコードスキャナーを作れるRaspberry Pi用拡張ボード「Zero Barcode HAT」
  3. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  4. スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico」新製品を販売開始
  5. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  6. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  7. 3Dプリンター製液体ロケットエンジン「E-2」が試験燃焼でフル推力を達成
  8. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  9. 品質を維持したまま造形速度を2倍に——ミシガン大学発、3Dプリンター用ソフトウェア「FBS」
  10. 電気を使わずビニールテープ製フライホイールで動く8脚ロボット、発進!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る