新しいものづくりがわかるメディア

RSS


造形不良を未然に防止——3Dプリンター用エラー検知デバイス「A.I.M.S」

FFF(熱溶融積層)方式3Dプリンター用エラー検知デバイス「A.I.M.S」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

A.I.M.Sは、カメラが撮影した映像からAIがプリントエラーを検知し、作業をストップできるデバイス。フィラメント切れ検知センサー搭載機であれば、ほぼすべての3Dプリンターに対応するとしている。

photo
photo

セットアップは簡単で、プリントベッドを捉える場所にカメラを設置し、3Dプリンターのフィラメント切れ検知センサーと電源を接続するだけだ。検知に必要な背景とベースラインを決めるため、プリント開始前にA.I.M.Sの電源をオンする必要がある。広角レンズカメラは画角が広く、プリント中の微調整は不要。USB電源使用の省電力設計で、ネットワーク接続も不要だ。

photo

A.I.M.Sが搭載するAIは、一般的なプリントエラーを検知できるようトレーニング済みで、プリントベッドの異常動作やフィラメントの垂れなどを認識できる。また、プリンターヘッドの位置と軌道をトラッキングし、スキップやスタックの発生や、ノズルと造形中のモデルとの間隔などを監視する。エラーを検知すると、フィラメント切れセンサーをオンして作業を中断する。エラーが発生してから作業をストップするまでのリアクションタイムは、約15~20秒とのことだ。

photo

A.I.M.Sは、日本への送料込み価格126ドル(約1万3000円)で提供し、2021年4月の出荷を予定している。2021年1月1日までクラウドファンディングを実施しており、12月23日時点で、8900ドル(約92万円)の目標額に対し約1万7000ドル(約182万円)を集め、プロジェクトを達成している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  4. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  5. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース
  6. DINレール対応ラズパイケース——Raspberry Pi 4B用アルミケース発売
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. カットもできる、10万円以下の組み立て式レーザーカッターLazervidaを使ってみた
  10. ラズパイにハードウェアクロックを——「Raspberry Pi 400用 RTCモジュール」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る