新しいものづくりがわかるメディア

RSS


オランダの空飛ぶ自動車「PAL-V Liberty」、公道走行の認可取得

オランダの空飛ぶ自動車「PAL-V Liberty」に道路走行許可が下り、ヨーロッパの公道を走れるようになった。

PAL-V Libertyは2人乗りの空陸両用車。走行モードでは100馬力のエンジンを使い最高時速160kmで道を駆けるスポーツカーであり、飛行モードでは200馬力のエンジンを使い最高時速180kmで空を翔けるジャイロプレーンになる。

PAL-V Libertyの車体重量は664kg、車体の大きさは(全長×全幅×全高)走行モード時が4×2×1.7m。飛行モード時は6.1×2×3.2m、ローター径は10.75m。

飛行モードのPAL-V Libertyは180m滑走して離陸し、高度3500mを巡航速度時速140~160kmで飛行できる。航続距離は400~500kmだ。最大離陸重量は910kgで、有効積載量は246kg。

PAL-V Libertyには、いくつかのモデルが計画されている。最初に販売される「Pioneer Edition」は限定90台の生産で、価格は49万9000ユーロ(約6000万円)。出荷先は、アメリカとヨーロッパ諸国、およびサウジアラビア、UAEなどのGCC(湾岸協力会議)加盟国に限られ、顧客への引き渡しは2022年の予定だ。

PAL-V Libertyを開発したPAL-V社は2008年の設立。いくつかのプロトタイプを経て2012年から商用の空陸両用車の設計を始め、2020年8月に道路走行許可試験に合格した。欧州航空安全期間(EASA)の航空認証も2022年には得られる見込みだ。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  4. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  5. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース
  6. DINレール対応ラズパイケース——Raspberry Pi 4B用アルミケース発売
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. カットもできる、10万円以下の組み立て式レーザーカッターLazervidaを使ってみた
  10. ラズパイにハードウェアクロックを——「Raspberry Pi 400用 RTCモジュール」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る