新しいものづくりがわかるメディア

RSS


遊びながらプログラミングを学ぶ——STEM教育向けロボット「Qodi」

LEGOブロックと組み合わせられるSTEM教育向けロボット「Qodi」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

Qodiは、ゲームや課題を通してプログラミングやロボット工学の基礎を学べる学習ロボット。LEGOブロックやセンサーを組み合わせて、トラクターや格闘ロボットなどさまざまなロボットを作ることができる。対象年齢は6歳以上だ。

photo

iOSまたはAndoroid対応の専用アプリから、ワイヤレスでリアルタイムに動かせる。プログラミング初心者は「Qodi Coding Jr App」によるリモコン操作、少し慣れている中級者はブロックプログラミング「Qodi Blockly App」、さらに上級者は「Qodi Text Based Coding」上でCoffeeScriptやPythonなどを使って制御できる。

photo

落下の衝撃にも強く、1回の充電で120分動作可能。また、双方向のオンライン授業を想定した「Qodi Educational Platform」を用意し、問題解決力、創造性、数学およびロジック、チームワークなどを学べるカリキュラムを提供するとしている。

photo

本体には、衝突回避センサー、ラインセンサー、LEDライトなどを搭載。ワイヤレスはBluetooth BLEに対応する。

photo

価格は「Qodi Robot」が特別早割価格の49ユーロ(約6200円)、サーボモーターや距離センサ—、ブロックなどをセットにした「Qodi Kit」は早割価格の69ユーロ(約8700円)から。出荷は2021年6月の予定で、日本への送料は79ユーロ(約1万円)だ。

Qodiは、2021年1月28日までクラウドファンディングを実施中。1月12日時点で、目標額8500ユーロ(約107万円)のうち、約2000ユーロ(約25万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  4. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  5. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  10. 第1回 ラズパイってなんですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る