新しいものづくりがわかるメディア

RSS


BnA Alter MuseumとFabCafe Kyoto、アーティスト支援のための滞在型作品制作プログラム「アーティスト・イン・レジデンス」開催

アートホテルBnA Alter MuseumとFabCafe Kyotoとが共同で、BnA Alter Museumのスペースを活用したアーティストの支援のための滞在型作品制作プログラム「アーティスト・イン・レジデンス」を開催する。

photo

BnA Alter Museumは、アーティストが手掛けたアートルームに宿泊でき、宿泊代金の一部をアーティストに還元するなど、これまでもアートの普及と活動支援に一役買ってきた。

今回のプログラムは、BnA Alter Museumのスペースや、ものづくりの面からクリエイターやアーティストの活動を支えているFabCafe Kyotoのスペースなどを使い、最大1カ月にわたって宿泊等しながら作品を作製するプログラムだ。

photo BnA Alter Museum1階Bar兼展示スペース

対象の作製スペースは、BnA Alter Museum SCG展示枠、同Museumの1、2階展示枠、およびFabCafe Kyoto 制作枠の3カ所。SCGは、合計30メートルの縦型のギャラリースペースで、階段を登りながら縦に広い5つの空間を鑑賞するという非常に珍しいギャラリースペースだ。

現在対象者を募集しており、SCG展示枠に4人、1、2階展示枠に2人、FabCafe Kyoto 制作枠に2人を採択する予定だ。

photo BnA Alter Museum2階カフェ兼展示スペース

採択者にはBnA Alter Museumの無料宿泊や同館アートディレクターによる作製サポートなどの支援を受けることができる。さらSCG展示枠には10万円の制作費が支給される。各展示枠によって、一定期間の作品展示や作製風景の撮影、トークイベントへの出演などが採択条件となる。

photo FabCafe Kyoto1階

募集は2021年1月28日までで専用フォームから申し込む。宿泊期間は2021年2月1日から同月28日までの最大1カ月だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  2. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  3. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  4. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  5. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  6. アシックス、パラメトリックデザイン手法と3Dプリント技術を活用した「ACTIBREEZE 3D SANDAL」を開発
  7. 加工不要な木製品——MIT、植物細胞から木材を培養する実験
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. スイッチサイエンスがM5Stackの工業用途向け開発プラットフォーム「M5Station」を販売開始
  10. ArduinoでもRaspberry Piでも動かせるDIYロボットキット「CodeRover」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る