新しいものづくりがわかるメディア

RSS


BnA Alter MuseumとFabCafe Kyoto、アーティスト支援のための滞在型作品制作プログラム「アーティスト・イン・レジデンス」開催

アートホテルBnA Alter MuseumとFabCafe Kyotoとが共同で、BnA Alter Museumのスペースを活用したアーティストの支援のための滞在型作品制作プログラム「アーティスト・イン・レジデンス」を開催する。

photo

BnA Alter Museumは、アーティストが手掛けたアートルームに宿泊でき、宿泊代金の一部をアーティストに還元するなど、これまでもアートの普及と活動支援に一役買ってきた。

今回のプログラムは、BnA Alter Museumのスペースや、ものづくりの面からクリエイターやアーティストの活動を支えているFabCafe Kyotoのスペースなどを使い、最大1カ月にわたって宿泊等しながら作品を作製するプログラムだ。

photo BnA Alter Museum1階Bar兼展示スペース

対象の作製スペースは、BnA Alter Museum SCG展示枠、同Museumの1、2階展示枠、およびFabCafe Kyoto 制作枠の3カ所。SCGは、合計30メートルの縦型のギャラリースペースで、階段を登りながら縦に広い5つの空間を鑑賞するという非常に珍しいギャラリースペースだ。

現在対象者を募集しており、SCG展示枠に4人、1、2階展示枠に2人、FabCafe Kyoto 制作枠に2人を採択する予定だ。

photo BnA Alter Museum2階カフェ兼展示スペース

採択者にはBnA Alter Museumの無料宿泊や同館アートディレクターによる作製サポートなどの支援を受けることができる。さらSCG展示枠には10万円の制作費が支給される。各展示枠によって、一定期間の作品展示や作製風景の撮影、トークイベントへの出演などが採択条件となる。

photo FabCafe Kyoto1階

募集は2021年1月28日までで専用フォームから申し込む。宿泊期間は2021年2月1日から同月28日までの最大1カ月だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  4. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  5. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. Liqcreate、柔軟性と高弾性を追求した光造形3Dプリンター用レジン「Elastomer-X」を発表
  10. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る