新しいものづくりがわかるメディア

RSS


レゴのサターンV型ロケット用に発射台を3Dプリントし、発射シーンを再現——Arduino Unoで制御

created by Mark Howe

レゴの「NASA アポロ計画 サターンV」ロケット用に発射台とガントリークレーンを3Dプリントし、発射シーンを再現した動画がYouTubeで公開された。Mark Howe氏によるもので、アポロ11号の打ち上げ時のカウントダウン音声を再生しているほか、映画『アポロ13』からの音楽等も使用している。

レゴのサターンVモデルは、1969年に初の人類月面着陸を達成したNASAのアポロ11号を基に再現したもので、高さ1mほどのサイズとなっている。

今回Howe氏が制作した発射台は、サターンV型ロケット用の既存のガントリーモデルをベースにして作られたもので、110分の1スケールのレゴモデルにサイズを合わせてある。また、より小さなスケールで3Dプリントして、独自のアニマトロニクスリンク機構、モーター、コントローラーを含めるために変更が加えられている。

発射台とガントリークレーンはArduino Unoで制御し、発射をシミュレートする。サーボモーターを5個使用しており、2個のサーボモーターでサービスアームを動かし、別のサーボモーターがトップクレーンを回転させてスウェイアームを持ち上げる。また別のサーボモーターが乗組員用通路を格納し、さらに別のサーボモーターでガントリーアーム8つすべてを動かし、サターンVはステッビングモーター3個が動かすリニアスクリューで発射台から押し上げられる。

ロケットが発射台から約4インチ(約100mm)上昇すると、NeoPixel LEDストリングが排気プルームを照らし出す。まるで本物のロケットエンジンの炎のように光る様子が印象的だ。

このプロジェクト全体で、CAD作業に約500時間以上、3Dプリント作業に数百時間を費やし、完成までに約18カ月かかったという。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 組み立てて動かせる──ステンレス製組み立てキット「Metal Time」(4種類)
  2. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  3. 5kgのボウリング球で巨大トラックボールを作ったら
  4. 第1回 ラズパイってなんですか
  5. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  6. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  7. シアトル発スタートアップ、ガレージに置けるコンパクトな核融合炉を開発中
  8. チャンバー内温度270°——QUALUP SAS、マルチマテリアル対応高温3Dプリンター「Qu3 HT」発表
  9. 自宅の3Dプリンターでフードプリント——フード3Dプリンター用エクストルーダー「LuckyBot」
  10. とってもエコだけどまったく役に立たない新感覚の機械、作りました

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る