新しいものづくりがわかるメディア

RSS


レゴのサターンV型ロケット用に発射台を3Dプリントし、発射シーンを再現——Arduino Unoで制御

created by Mark Howe

レゴの「NASA アポロ計画 サターンV」ロケット用に発射台とガントリークレーンを3Dプリントし、発射シーンを再現した動画がYouTubeで公開された。Mark Howe氏によるもので、アポロ11号の打ち上げ時のカウントダウン音声を再生しているほか、映画『アポロ13』からの音楽等も使用している。

レゴのサターンVモデルは、1969年に初の人類月面着陸を達成したNASAのアポロ11号を基に再現したもので、高さ1mほどのサイズとなっている。

今回Howe氏が制作した発射台は、サターンV型ロケット用の既存のガントリーモデルをベースにして作られたもので、110分の1スケールのレゴモデルにサイズを合わせてある。また、より小さなスケールで3Dプリントして、独自のアニマトロニクスリンク機構、モーター、コントローラーを含めるために変更が加えられている。

発射台とガントリークレーンはArduino Unoで制御し、発射をシミュレートする。サーボモーターを5個使用しており、2個のサーボモーターでサービスアームを動かし、別のサーボモーターがトップクレーンを回転させてスウェイアームを持ち上げる。また別のサーボモーターが乗組員用通路を格納し、さらに別のサーボモーターでガントリーアーム8つすべてを動かし、サターンVはステッビングモーター3個が動かすリニアスクリューで発射台から押し上げられる。

ロケットが発射台から約4インチ(約100mm)上昇すると、NeoPixel LEDストリングが排気プルームを照らし出す。まるで本物のロケットエンジンの炎のように光る様子が印象的だ。

このプロジェクト全体で、CAD作業に約500時間以上、3Dプリント作業に数百時間を費やし、完成までに約18カ月かかったという。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. Creality製の光造形3Dプリンター「HALOT-ONE PLUS」、サンステラが発売
  5. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  6. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載
  7. LEGO、教育用プログラミングロボットシリーズ「マインドストーム」を2022年年内で販売終了
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 工学社が書籍「『Raspberry Pi』から広がる電子工作の世界」を発売
  10. 柔軟な構造の分散型波力発電装置が特許を取得——風に揺れる建物や自動車が走行する道路などからも発電できる可能性

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る