新しいものづくりがわかるメディア

RSS


手持ちの3Dプリンターをマルチマテリアル対応に——マルチフィラメントフィーダー「3Dfeedy」

FFF(熱溶融積層)方式3Dプリンター用マルチフィラメントフィーダー「3Dfeedy」がKickstarterに登場し、出資を募っている。ドイツのスタートアップ3DBIZZによるプロジェクトだ。

photo

3Dfeedyは、3本のフィラメントをセットできる3Dプリンター用フィラメントフィーダー。手持ちのシングルヘッド3Dプリンターに設置するだけで、マルチカラー/マテリアル対応機にアップグレードできる。

photo

3Dfeedy本体には、フィラメント用テンションアジャスターやテンションディスプレイ、調整可能な取り付けスタンド、ステッピングモーターで駆動するマテリアルセレクションユニットなどを搭載。ステッピングモーターは、手持ちの3Dプリンターから流用する。フィラメントをフィードするギアは標準タイプの他、フレキシブルマテリアルでも安定してフィードできるハイエンドギアを内蔵した「プレミアム」タイプも用意している。

photo

使い慣れたスライサーソフトで作成したデータを、マルチマテリアル造形用に処理する3Dfeedツールも提供する。カラフルなマルチカラー造形や、可動部に柔軟素材を使ったモデルの造形、水溶性サポート材を使って後処理を容易にするといった用途を想定する。マニュアルによるフィラメントの交換より、大幅な時間、コスト、ストレスの削減が期待できる。

photo

3Dfeedyは、スタンダードタイプを数量限定の早割価格228ユーロ(約2万8700円)で、プレミアムタイプを同328ユーロ(約4万1300円)で、赤色のKickstarterプレミアムタイプを同308ユーロ(約3万8800円)で提供する。いずれも3本のフィラメントに対応するモデルで、1.75/2.85mmのフィラメントの径を選択できる。2021年6月の出荷を予定しており、今のところ日本への出荷は未対応だ。(早割は終了の場合あり。)

photo

3Dfeedyは、2021年1月29日までクラウドファンディングを実施中。1月27日時点で、6900ユーロ(約87万円)の目標額に対して約3万3000ユーロ(約424万円)を集め、プロジェクトを達成している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ミニ四駆を自由自在に走らせよう——ミニ四駆ラジコン化キット「ESPレーサー」
  2. Raspberry Piの入力チャネル数を拡張する「16-INPUTS for Raspberry Pi」
  3. 3Dプリンターから出る有害物質が気になる人へ——エンジニアが空気清浄ユニットをDIY
  4. 産業用パソコンを手軽にIoT化——ソラコム、「SORACOM Onyx LTE USBドングル」発売
  5. Raspberry Piを使いこなすためのレシピ集「Raspberry Piクックブック 第3版」を刊行
  6. スイスの企業がハイブリッドeVTOL/eSTOLのプロトタイプを開発
  7. micro:bitで小型モーターを回そう——RSコンポーネンツ、「DFRobot 開発キット」発売
  8. 最高時速620km——中国が新型リニアモーターカーの試作機を公開
  9. 前後カメラを搭載——ヘルメットに後付けできるAR HUDスマートドライブシステム「Argon Transform」
  10. ダッソー・システムズ、「3DEXPERIENCE SOLIDWORKS」のメイカー/学生向け新オファー2種を発表

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る