新しいものづくりがわかるメディア

RSS


5G IoTシステムを構築——Raspberry Pi用多機能拡張ボード「Industrial 5G/4G Raspberry Pi Base Shield」

Raspberry Pi用の拡張通信ボード「Industrial 5G/4G Raspberry Pi Base Shield」がKickstarterに登場し、人気を集めている。

photo

Industrial 5G/4G Raspberry Pi Base Shieldは、普及が始まった5G通信を含み、さまざまなIoT用途に応える産業用ベースボードだ。

photo

開発ボードはRaspberry Pi Zero/Pi3 Model B/Pi4 Model Bに加えてRock Pi、Jetson Nanoをサポート。通信モジュールは、5G、4G、Neural Compute Stick、Wi-Fi 6、Loraをサポートする。CSIカメラポートやCANバスとの接続も簡単で、高速高解像度のカメラシステムや、V2Xシステムの構築にも利用できる。

5G/4GのSIMカードスロットをはじめ、RTCモジュール、デジタル入力/出力、RS232/485/422ポート、Micro HDMI、オーディオ端子、リセットボタン、ブザーなどを搭載する。

photo

入力は9~24V、出力は最大5A。オーバーヒートしがちなRaspberry Piに対応するため、銅製ピラーを利用して放熱スペースを確保している。15kVのESD保護を備えるが、CE/FCC認証はまだ申請中の段階としている。

photo

特別価格はPCBのみが7199円で、PCB+シェルが9999円、PCB+シェル+4Gが1万8999円、PCB+シェル+5Gが4万999円。出荷は2021年3月の予定で、日本への送料は1599円だ。

Industrial 5G/4G Raspberry Pi Base Shieldは、2021年1月31日までクラウドファンディングを実施中。1月28日時点で、10万円の目標額を上回る約88万円を集め、プロジェクトを達成している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ラズパイで動くレトロな超小型デスクトップPCを自作
  2. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  3. 特集はMicroPython——CQ出版、「Interface 2023年3月号」発売
  4. ネオンを編む!? サイバーパンクな編み物で、輝くニット帽を作ってみた
  5. 1年半で国産ドローンを量産——金沢発、群制御に特化したドローンショー用機体「unika」を生んだスタートアップの歩みと未来
  6. ハッキング手法を試行してプログラミング学習——ラズパイマイコン搭載USBデバイス「HackyPi」
  7. 自転車を30秒で電動化する、E-bikeコンバージョンキット「LIVALL PikaBoost」
  8. ラズパイとAndroidでオシロスコープを——Raspberry Pi Picoオシロスコープ向けアナログ基板「PLU2212-DSO」発売
  9. Simplify3D、3Dプリンター用ソフトウェアの最新版「Simplify3D V5」をリリース
  10. 地球上で最も強靭な「高エントロピー合金」を発見

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る