新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ベンチレーター搭載で安全かつ快適——ゲーム機器メーカーのRazer、スタイリッシュなマスク「Project Hazel」を発表

ゲーミングデバイスメーカーのRazerが、フルカラーLEDやベンチレーターを搭載したマスクのコンセプトモデル「Project Hazel」をCES 2021で発表した。現時点では価格や発売日は未定だ。

同社は、新型コロナウイルスパンデミックにより医療用マスクが不足した際、いち早く高品質な医療グレードのマスクを生産し、現在まで100万枚以上を世界中に寄贈しているという。今回、アフターコロナのニューノーマルを見据え、よりソーシャルで安全、サステナブルなマスクの必要性が高まっているとしてProject Hazelを開発したとしている。

Project Hazelの光沢のある透明アウターシェルは、傷のつきにくい耐水性リサイクルプラスチックで作られている。調節可能なイヤーループや、マスク周囲のシリコンガードが顔との密着度を高め、隙間を作らないデザインを採用している。繰り返し使えるため廃棄物を減らせ、さらに表情が読み取れるため、よりサステナブルでソーシャルなニューノーマルな生活を可能にする。

安全性と快適性も高く、脱着可能なディスク状のベンチレーターがコロナウイルスを含む浮遊粒子の95%を除去し、冷たい空気を取り入れ、マスク内の温まった空気とCO2を排出する。ベンチレーターにはアンプとマイクが埋め込まれており マスクをしていても声を周りの人たちにはっきりと届けることができる。

また、Chroma対応RGB LEDを搭載し、暗くなると好みの色で発光させ口元を照らすこともできる。フィルターの交換時期は、モバイルアプリが知らせてくれるという。紫外線ライトでマスクを消毒する充電ケースも用意されるようだ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  4. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  5. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  10. 第1回 ラズパイってなんですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る