新しいものづくりがわかるメディア

RSS


反射した紫外線を使うサステナブルな太陽電池パネル「AuREUS」——直射日光不要

果物や野菜の廃棄物を利用した太陽電池が、「James Dyson Award 2020」のサステナビリティ賞を受賞した。James Dyson Awardは、Dysonの創業者が最終審査員を務める国際エンジニアリングアワード。次世代のデザインエンジニアを称え、育成、支援することを目的として、James Dyson財団が運営している。今年新設されたサステナビリティ賞を受賞した太陽電池はフィリピンからの応募で、太陽光が反射、散乱した紫外線を吸収し、太陽光が直接当たらなくても発電することができる。

「AuREUS」と名付けられたデバイスは、高エネルギー粒子が発光粒子に吸収され、可視光として再放出される、オーロラを司る現象から派生したテクノロジーを利用している。

AuREUSは、果物や野菜に由来する発光粒子を樹脂製の基板に懸濁している。公開された動画で使われているのはトマトから採った染料に由来するものだ。これに紫外線が当たると、粒子は紫外線を吸収し、内部反射によって縁に沿って可視光を放出する。

AuREUSにはパネル状の「Astralis Solar Wall」と窓ガラス状の「Borealis Solar Window」がある。Astralis Solar Wallは反射あるいは散乱した紫外線を受けて発電する太陽電池パネル。曇りや、太陽に背を向けた状態でも壁や地面からの反射を受けて発電でき、スマートフォンの充電もできる。Borealis Solar Windowは、紫外線を吸収する窓。紫外線は通過せず、窓枠に取り付けた太陽電池セルで発電が可能だ。

この技術を応用すれば、AuREUSは太陽に面していなくても発電が可能なので、ソーラーファームの垂直方向への展開などが可能になる。また、都市部でガラスの建物によって引き起こされる過剰な紫外線暴露を防止し、同時に発電することも考えられる。

さらに、農作物は腐敗しやすく、農民に損失をもたらすが、この技術により作物廃棄物のアップサイクル(創造的再利用)も可能だろう。現在78種類の地元の作物がテストされており、9種類が高い可能性を示しているという。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  2. 1年半で国産ドローンを量産——金沢発、群制御に特化したドローンショー用機体「unika」を生んだスタートアップの歩みと未来
  3. 特集はMicroPython——CQ出版、「Interface 2023年3月号」発売
  4. ラズパイで動くレトロな超小型デスクトップPCを自作
  5. ラズパイでフライトトラッカーを作ってみよう——Flightrader24を利用して航空機を追跡
  6. 1200万画素の「Raspberry Pi カメラモジュール V3」、国内で販売開始
  7. C言語でPICマイコンを使う——技術評論社、「改訂新版 8ピンPICマイコンの使い方がよくわかる本」発刊
  8. ネオンを編む!? サイバーパンクな編み物で、輝くニット帽を作ってみた
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. ハッキング手法を試行してプログラミング学習——ラズパイマイコン搭載USBデバイス「HackyPi」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る