新しいものづくりがわかるメディア

RSS


PM濃度をリアルタイム測定——Raspberry Pi用拡張ボード「Air Monitoring HAT」

ダストセンサーやOLEDディスプレイなどを搭載したRaspberry Pi用拡張ボード「Air Monitoring HAT」がKickstarterに登場し、人気を集めている。

Air Monitoring HATは、大気中を浮遊する粒子状物質(PM)濃度をリアルタイムに計測できるオープンソースの小型センサーボード。PM1.0、PM2.5、PM10を検出するダストセンサー「PMSA003」に、標準的なGPIO40ピンヘッダー、0.91インチOLED、UARTインターフェースを搭載する。

Air Monitoring HAT

浮遊粒子状物質、特に直径2.5μm以下の微小粒子状物質(PM2.5)による大気汚染は、呼吸器系や循環器系に悪影響を及ぼし、ぜんそくや心疾患などを引き起こす可能性があると懸念されている。オープンソースのAir Monitoring HATを提供することで、環境問題に関心を寄せるユーザーがより良い環境づくりに役立つものを作り出せるよう支援する。例として、Air Monitoring HATで測定したPM2.5濃度データに応じて空気清浄機を自動でオンオフできるシステムなどの開発が考えられる。

Air Monitoring HAT

Air Monitoring HATの基板サイズは65×56mm。応答時間は10秒以下で、スタンバイ電流は200μA以下、最大電流は100mA、動作温度は10~60℃としている。また、Raspberry PiやArduinoに接続可能なブレークアウトボードも用意されている。

Air Monitoring HAT

Air Monitoring HATの早期割引価格は35ポンド(約5000円)。Raspberry Pi 4と5インチLCDタッチスクリーンが付属するセット「Air Monitoring KIT」もあり、価格は100ポンド(約1万4000円)だ。いずれも出荷は2021年2月の予定。日本への送料は25ポンド(約3600円)だ。

Air Monitoring HATは、2021年2月11日までクラウドファンディングを実施。2021年2月1日時点で、目標額500ポンド(約7万円)の9倍以上に当たる約4600ポンド(約67万円)を既に集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. Raspberry Piと3Dプリンターで自分好みのデジカメを作ろう——レンズ交換式カメラ「PIKON Camera」
  4. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  5. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース
  6. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  7. DINレール対応ラズパイケース——Raspberry Pi 4B用アルミケース発売
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. 第9回 ラズパイでWindowsとやり取りするにはどうしたらいいですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る