新しいものづくりがわかるメディア

RSS


APPLE TREE、ハンディー型3Dスキャナー「IREALシリーズ」から2機種「IREAL 2E/IREAL 2S」をリリース

TAG

新製品 3Dスキャナ

APPLE TREEは2021年1月28日、3Dスキャナー「IREAL」シリーズの最新機種となる2機種「IREAL 2E/IREAL 2S」のリリースを発表した。

2月中旬にリリース予定のIREAL 2EとIREAL 2Sは、IREAL 2Eがスタンダードモデル、IREAL 2Sがハイスペックモデルとの位置付けで、どちらのモデルにもLED光源が採用されているのが特徴だ。カラーモジュールも搭載されており、高解像度な色情報をスキャンできる。

採用されている光源はモデルごとに異なり、IREAL 2Eが光源に赤外線VCSELのみを採用しているのに対し、IREAL 2Sは赤外線VCSEL/ブルーライトの2種類を採用しており、用途や場面に合わせて使い分けが可能だ。

赤外線VCSEL 特徴 ブルーライト
比較的安価 価格 高価
やや低い(0.3mm - 0.5mm) 精度 高い(0.2mm - 0.3mm)
速い 速度 遅い
可能 屋外使用 難しい(紫外線の影響を受ける)

本体サイズはどちらも140×94×258mmで、重量はIREAL 2Eが850g、IREAL 2Sが910g。どちらのモデルも対応出力フォーマットはOBJ/STL/PLY/ASC/SKで、インターフェースはUSB 3.0に対応している。価格はIREAL 2Eが65万円、IREAL 2Sが115万円(価格は全て税別)だ。

3Dスキャナー本体を貸出しして体験できるレンタルサービスや、スキャニングを代行するスキャンサービスも開始する。申し込みはホームページのフォームから受け付ける。

また、東京/大阪ショールームでの展示も開始している(現在は緊急事態宣言に合わせて見学受付を一時停止中)。

IREAL 2Sを使用した彫刻のスキャン
IREAL 2Eを使用して収穫感謝祭にスキャンする様子
IREAL 2Eを使用して、石の質感を利用したティーポット制作
IREAL 2Sを使用したカラースキャン

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 世界最大の浮体式洋上風力発電誕生——5万5000世帯分の電力量に匹敵
  2. 自分の自転車を電動化できる——イギリス発「Universal eBike Conversion Kit」
  3. 二酸化炭素からでんぷんを人工合成するプロセスを開発——農業によるでんぷん生産を置換する
  4. Raspberry Piで高画質動画撮影を可能にする「Raspberry Pi Cinema Camera」
  5. 世界最大の浮体式洋上風力発電誕生——5万5000世帯分の電力量に匹敵
  6. CQ出版が「ラズパイ/PCで体験!計測のためのカメラ画像処理」を刊行
  7. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  8. 掃除機より静かな飛行機——AirbusがeVTOL「CityAirbus NextGen」を公開
  9. ラズパイでナンプレを解く——Pi Zero Wで3Dプリンターを「Sudoku solving robot」に改造
  10. 電気不要で冷却——太陽光と水で作動する再生可能な冷却システムを開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る