新しいものづくりがわかるメディア

RSS


APPLE TREE、ハンディー型3Dスキャナー「IREALシリーズ」から2機種「IREAL 2E/IREAL 2S」をリリース

TAG

新製品 3Dスキャナ

APPLE TREEは2021年1月28日、3Dスキャナー「IREAL」シリーズの最新機種となる2機種「IREAL 2E/IREAL 2S」のリリースを発表した。

2月中旬にリリース予定のIREAL 2EとIREAL 2Sは、IREAL 2Eがスタンダードモデル、IREAL 2Sがハイスペックモデルとの位置付けで、どちらのモデルにもLED光源が採用されているのが特徴だ。カラーモジュールも搭載されており、高解像度な色情報をスキャンできる。

採用されている光源はモデルごとに異なり、IREAL 2Eが光源に赤外線VCSELのみを採用しているのに対し、IREAL 2Sは赤外線VCSEL/ブルーライトの2種類を採用しており、用途や場面に合わせて使い分けが可能だ。

赤外線VCSEL 特徴 ブルーライト
比較的安価 価格 高価
やや低い(0.3mm - 0.5mm) 精度 高い(0.2mm - 0.3mm)
速い 速度 遅い
可能 屋外使用 難しい(紫外線の影響を受ける)

本体サイズはどちらも140×94×258mmで、重量はIREAL 2Eが850g、IREAL 2Sが910g。どちらのモデルも対応出力フォーマットはOBJ/STL/PLY/ASC/SKで、インターフェースはUSB 3.0に対応している。価格はIREAL 2Eが65万円、IREAL 2Sが115万円(価格は全て税別)だ。

3Dスキャナー本体を貸出しして体験できるレンタルサービスや、スキャニングを代行するスキャンサービスも開始する。申し込みはホームページのフォームから受け付ける。

また、東京/大阪ショールームでの展示も開始している(現在は緊急事態宣言に合わせて見学受付を一時停止中)。

IREAL 2Sを使用した彫刻のスキャン
IREAL 2Eを使用して収穫感謝祭にスキャンする様子
IREAL 2Eを使用して、石の質感を利用したティーポット制作
IREAL 2Sを使用したカラースキャン

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  2. 目を閉じても見える——網膜にARを投影するスマートコンタクトレンズを開発
  3. リニア式電源、ラズパイ対応の高音質ミュージックサーバー「MS-100」を発売
  4. タイピングした文字を手書きしてくれるロボット「PlottyBot」——Raspberry Piで製作
  5. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  6. Raspberry PiによるPCデータレコーダーのエミュレータ「Raspberry Pi用ピーガーMODEM 【初回版】」発売
  7. ガラスやアクリルのような透明感を表現——3Dプリンター用クリアインク「MH-110PCL」
  8. フィルムカメラをデジタル化——Raspberry Piを使った「Digital Film Cartridge for Analog Cameras」
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る