新しいものづくりがわかるメディア

RSS


飛行機とヘリコプターのデザインを組み合わせたハイブリッドドローンを開発

ヘリコプターのように垂直に上昇し、飛行機のように水平飛行するドローンがバルト三国のひとつ、ラトビアで開発された。前後に2基ずつ、斜めに取り付けられたローターに加え、主翼と水平尾翼を備えるこのハイブリッドドローンは、機首を上げて垂直に離陸し、機首を下げてスムーズに水平飛行に移ることができる。翼を備えていることで他のドローンに比べ飛行距離が長く、また有効荷重も大きい。もちろん、通常のドローンのようにホバリングも可能だ。

このハイブリッドドローンは、ラトビアの自動車メーカー「Dartz Motorz」と、ドローンメーカー「Fixar」の共同開発によるものだ。Dartzは、帝政ロシア時代の1869年設立の老舗で、近年は奇抜で豪華なオーダーメイドSUVを作ることで知られている。「PromDrone Black Bee」と名付けられたドローンはデザインが重視され、機首にはDartzの創立150周年を記念してデザインされたロゴマーク、Skeleton bomberがアレンジされている。

Fixarは、同じ設計のドローンを「Fixar 007 Outdoor」の商品名で販売している。社名のFixarは、fixed angle rotors(固定角ローター)に由来する。 ローターの角度が固定されているので、他のVTOL(垂直離着陸機)のような設計上の難しさがなく、多くのメリットがあるという。Fixar 007 Outdoorは組立式で、翼幅は1540mm、最高速度は秒速27m、有効荷重は2kg。自律飛行が可能で、飛行時間は60分。飛行距離も60kmと長く、Fixarは精密農業(precision agriculture)、精密3Dモデリングを含む地図製作など、様々な分野での利用が可能だとしている。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. Creality製の光造形3Dプリンター「HALOT-ONE PLUS」、サンステラが発売
  5. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  6. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載
  7. LEGO、教育用プログラミングロボットシリーズ「マインドストーム」を2022年年内で販売終了
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 工学社が書籍「『Raspberry Pi』から広がる電子工作の世界」を発売
  10. 柔軟な構造の分散型波力発電装置が特許を取得——風に揺れる建物や自動車が走行する道路などからも発電できる可能性

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る