新しいものづくりがわかるメディア

RSS


TVリモコンの押したボタンが分かる——ノバルス、乾電池型IoTデバイス「MaBeee Neoモデル」発表

ノバルスは、乾電池型IoTデバイス 「MaBeee Neo(マビーネオ)モデル」を発表した。TVリモコンに装着した電池電流の変化パターンと基準データのマッチングを行い、どのボタンをどの位押したかが分かる。

photo

MaBeeeは、普段使っている単三電池と入れ替えると、家電の使用を検知して専用アプリに通信するデバイス。 これまでは高齢者のみまもり用途などに、装着した家電製品の使用有無や使用頻度のモニタリングにとどまっていた。

photo

MaBeee Neoでは市販のTVリモコンに装着した電池電流の変化パターンと基準データのマッチングを行い、TVリモコンのどのボタンを、いつ、何秒間押したかの判定が可能となり、マーケティングサービスや行動変化の検知サービスなどへの応用ができる。

今後、MaBeee Neoモデルを様々なメーカーの機器やサービス事業者のサービスと組み合わせることで、既にサービスインしている高齢者向けの見守りサービス「みまもり電池サービス」への機能追加や、新たな業務提携による新サービスの開発を積極的に行い、2022年の商用化を目指す。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  2. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  3. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  4. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  5. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  6. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  10. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る