新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3Dプリンターで自作——卓球練習用マシンキット「XBGDIYPP」

3Dプリンターで自作する卓球練習用マシンキット「XBGDIYPP」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

XBGDIYPPは、3Dプリント用データファイルとハードウェアがセットになったポータブルな卓球練習用デバイス。

キットは3Dプリント用STLファイルと、PCB、モーター、ケーブル、アクセサリーで構成される。最大200×200×210mmの造形が可能な3Dプリンターがあれば、約150時間ですべての部品を出力できるという。材料はPLA1200g、TPU50gが必要。レイヤーの高さや厚み、密度といった推奨設定、組み立て用の動画と仕様書も提供する。

photo

デバイスはスマートフォンのAndroidアプリとBluetooth接続ができ、アプリで配球スピードや回転方向をコントロールできる。1秒間に最高4個のボールを排出でき、最高スピードは時速54kmだ。デバイスのサイズは170×180×210mmで、重さは1.27kg(バッテリー別)、最大70個のボールを収納できる。DC12V 5Aの給電が必要だ。

photo

XBGDIYPPは、130シンガポールドル(約1万400円)で入手できる。出荷は2021年10月を予定しており、日本への送料は70シンガポールドル(約5570円)だ。また、完成品も245シンガポールドル(約1万9500円)で提供する。出荷は2022年3月を予定しており、日本への送料は85シンガポールドル(約6770円)だ。1万2000シンガポールドル(約96万円)の調達を目標に、2021年3月5日までクラウドファンディングを実施中だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. TIがPythonを搭載した関数電卓「TI-84 Plus CE Python」を発売
  2. 自称Mac信者の友人を自作キーボード沼に沈めたい
  3. ラズパイでレトロ家電をIoT化——Raspberry Pi Zeroで制御する「Teasmade 2.0」
  4. YouTubeで段ボール製ライフルの作り方を公開
  5. Raspberry Piで空気質モニター——PMセンサーボード「Pico Air Monitoring Expansion」
  6. スイッチサイエンス、触感デバイス開発/体感モジュール「hapStak」発売
  7. UCLAの研究者がガラスを金属のように強靭にする理論を発表——耐破壊性の世界記録を樹立
  8. 廃熱を電気エネルギーに変換する高効率熱電材料を開発
  9. スイッチサイエンスが「reTerminal - 5インチタッチスクリーン付き Raspberry Pi CM4搭載デバイス」を発売
  10. Raspberry Piで動かす小型ローバー——アクションカメラを搭載して進化する「Zippy」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る