新しいものづくりがわかるメディア

RSS


自動搬送ロボット開発のLexxPlussが第三者割当増資を実施

自動搬送ロボットのイメージ

ハイブリッド制御技術を実装した自動搬送ロボットを開発するLexxPlussが、インキュベイトファンドなどから第三者割当増資を実施した。

LexxPlussが開発する物流倉庫および製造工場向け自動搬送ロボットは、床に敷いた誘導線上に沿って軌道走行する機能と自律走行する機能を兼ね備えたハイブリッド制御技術を実装。狭い通路や作業員との連携の際には軌道走行機能を用いて、人やモノを迂回(うかい)しながら走行する場合は自律走行機能を用いるなど、環境や状況によって臨機応変に対応できるのが特徴だ。RaaS(Robot as a Service)モデルによるサブスクリプション形式でのサービス提供を予定している。

同社自動搬送ロボットは2021年秋ごろの一般販売を予定。現在事業者と共同で導入に向けた実証実験を行っている段階だ。

今回第三者割当増資を実施するのは、インキュベイトファンドの他に、SOSV Investments、住友商事の合計3社。調達した資金は自動搬送ロボットの開発費やエンジニア人材の採用費、人件費に投資する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 全てのヘッドホンをスマートヘッドホンに変換する技術を開発
  2. 800種類の電子パーツを紹介——日経BP「ラズパイ工作 パーツ大全 2021-2022」発刊
  3. スイッチサイエンス、Raspberry Pi Pico用ディスプレイモジュール2種を発売
  4. 太陽エネルギーを長期間貯蔵できる液体「太陽熱燃料」開発プロジェクト
  5. フィギュアの肌を美しく——Bfull、3Dプリントによる美肌表現技術を開発
  6. 5G通信網を使ってスマホをワイヤレス充電——新しいミリ波ワイヤレス給電システムを開発
  7. 会社を辞めて、カセットテープDJ装置を製品化することにしました
  8. 世界初の木製人工衛星が今年宇宙に
  9. ジョイスティックで動く小型ロボット犬「TiBeast」
  10. コガネイ、空気圧人工筋肉用コントローラー「PMCシリーズ」販売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る