新しいものづくりがわかるメディア

RSS


自動搬送ロボット開発のLexxPlussが第三者割当増資を実施

自動搬送ロボットのイメージ

ハイブリッド制御技術を実装した自動搬送ロボットを開発するLexxPlussが、インキュベイトファンドなどから第三者割当増資を実施した。

LexxPlussが開発する物流倉庫および製造工場向け自動搬送ロボットは、床に敷いた誘導線上に沿って軌道走行する機能と自律走行する機能を兼ね備えたハイブリッド制御技術を実装。狭い通路や作業員との連携の際には軌道走行機能を用いて、人やモノを迂回(うかい)しながら走行する場合は自律走行機能を用いるなど、環境や状況によって臨機応変に対応できるのが特徴だ。RaaS(Robot as a Service)モデルによるサブスクリプション形式でのサービス提供を予定している。

同社自動搬送ロボットは2021年秋ごろの一般販売を予定。現在事業者と共同で導入に向けた実証実験を行っている段階だ。

今回第三者割当増資を実施するのは、インキュベイトファンドの他に、SOSV Investments、住友商事の合計3社。調達した資金は自動搬送ロボットの開発費やエンジニア人材の採用費、人件費に投資する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 伝説の名機を小型化して技術情報公開を目指すオープンソースシンセサイザー「Profree-4」
  2. 一畳半からの製造販売——フィラメント職人Nature3Dの生存戦略
  3. イグアス、「3Dプリンター向け 仕上げ加工ツール」のオンライン販売開始
  4. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  5. キースイッチを完全自作——3Dプリンターで作るメカニカルキースイッチ「Void Switch」
  6. SHINING 3D、青色レーザーハンディー3Dスキャナー「FreeScan UE Pro」を発表
  7. 6時間以上、最長900km飛行可能な油圧駆動式の重量物運搬ドローン「Flowcopter」
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. 第4回 ラズパイを使う準備って何をしたらいいですか
  10. ガラスやアクリルのような透明感を表現——3Dプリンター用クリアインク「MH-110PCL」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る