新しいものづくりがわかるメディア

RSS


あらゆる周波数帯で高い吸音率——音響メタマテリアル技術を採用した吸音材「iwasemi」

ピクシーダストテクノロジーズ(以下、 PxDT )は2021年3月4日、近年注目される社会課題の一つである騒音問題を解決するため、音響メタマテリアル技術を用いた吸音材「iwasemi」を開発したと発表した。

音響メタマテリアル技術は、メタマテリアルの概念を音響分野に適用することにより、自然界にはない音響特性を持った物質を生成する技術だ。これにPxDT独自の吸音設計技術を応用したものがiwasemiとなる。

iwasemiは、柔軟な吸音周波数特性を備えている。グラスウールなどの素材を用いた一般的な吸音材は、高帯域になるにつれて吸音率が上がる。しかしiwasemiは、特定の周波数帯のみ吸音率が上がる性質や、低帯域から高帯域まで満遍なく高い吸音率を示す性質など、適用シーンに応じて柔軟な吸音周波数特性を利用できる。

高い吸音率と薄型化も両立した。一般的な吸音材の吸音率を上げるためには吸音材を厚くする必要があるが、iwasemiは吸音材を厚くせずに吸音率を上げられるため、一般的な吸音材と同等の吸音率を保ったまま薄型化できる。

 

素材の選択自由度と加工自由度も高い。一般的な吸音材は、グラスウールなどの多孔質構造を採用しているため、意匠性や強度が制限される。一方、iwasemiは共鳴構造を採用しており、ABSやステンレス鋼、アクリルなどのさまざまな素材を用いて高い吸音率を達成できるため、意匠性や強度のある吸音材を実現できる。

(左)ABS製iwasemi(中央)ステンレス鋼製iwasemi(右)アクリル製iwasemi

iwasemiの適用シーンは工事、建材、什器、鉄道、自動車などさまざまな分野にわたる。PxDTは分野横断的に適用可能な標準製品の販売を開始するとともに、適用シーンに合わせたカスタマイズ品の社会実装に協力してくれるパートナー企業の募集も開始するとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiをFAに活用——コンテック、計測制御用HAT「CPIシリーズ」発売
  2. ステンレスにも刻印できる準産業グレードのレーザー加工機「LaserPro」
  3. トンボをヒントにした羽ばたき式飛行機を開発
  4. 体温をバッテリーに利用する、自己修復型ウェアラブル熱電発電機を開発
  5. 燕三条発——黒酸化加工ステンレス製シェラカップがMakuakeに登場
  6. スイッチサイエンス、植物栽培向けM5Stack用水分測定センサ付き給水ポンプユニットを発売
  7. 学生起業→就職→渡米を経て建機スタートアップ起業 ARAV白久レイエス樹が歩んだ10年
  8. プログラミング上級者は脳活動が洗練されている——コード解析時の脳活動パターンが明らかに
  9. FLINT、M5Stackをパネルにマウントするためのキット開発
  10. ドローンを使った果樹収穫サービス——AI技術を活用して市場に出せる果実を選別して収穫

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る