新しいものづくりがわかるメディア

RSS


近未来風の外観、3Dプリント部品15点で構成された電動バイク「Nera」——わずか12週でプロトタイプに

3Dプリンティングによって製造した部品15点で構成された電動バイク「Nera」が、いくつかの海外メディアで取り上げられている。Neraを開発したのは、3Dプリンターや関連製品を手掛ける独BigRep。着想を得てからわずか12週間でプロトタイプを制作した。

Neraは一般的なバイクと異なり、近未来を描いたSF映画に登場するバイクのような外観を持つ。BigRepでイノベーティブな研究開発を担うNOWLABの設計チームは、従来のバイクが有する設計の制約を取り払い、バイクをゼロから再発明したとうたっている。

Neraを構成するのは、エアレスタイヤやシート、ハンドルなど、3Dプリンターから出力されたわずか15部品。バッテリーやモーターといった電子機器も組み込んでいる。

素材の強度と弾力性により、従来のバイク設計にとらわれず、まったく新しいアプローチからNeraは設計された。例えば、ハニカム構造のサスペンションにより、従来の油圧式サスペンションとステアリング機構による複雑な構造を取り除くことができた。さらに、快適な乗り心地を提供すべくフロントタイヤには柔軟なアーチ構造を採用。より耐荷重が重要になるリアタイヤは、より強度が高くなる六角構造で設計したという。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiをFAに活用——コンテック、計測制御用HAT「CPIシリーズ」発売
  2. ステンレスにも刻印できる準産業グレードのレーザー加工機「LaserPro」
  3. トンボをヒントにした羽ばたき式飛行機を開発
  4. 体温をバッテリーに利用する、自己修復型ウェアラブル熱電発電機を開発
  5. 燕三条発——黒酸化加工ステンレス製シェラカップがMakuakeに登場
  6. スイッチサイエンス、植物栽培向けM5Stack用水分測定センサ付き給水ポンプユニットを発売
  7. 学生起業→就職→渡米を経て建機スタートアップ起業 ARAV白久レイエス樹が歩んだ10年
  8. プログラミング上級者は脳活動が洗練されている——コード解析時の脳活動パターンが明らかに
  9. FLINT、M5Stackをパネルにマウントするためのキット開発
  10. ドローンを使った果樹収穫サービス——AI技術を活用して市場に出せる果実を選別して収穫

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る