新しいものづくりがわかるメディア

RSS


等身大のAIキャラクターが接客——Gatebox、大型キャラクター召喚装置「Gatebox Grande」発表

Gateboxは、法人向けサービスとして、等身大のAIキャラクターが接客する大型キャラクター召喚装置「Gatebox Grande(ゲートボックスグランデ)」を発表した。

photo

Gatebox Grandeは、等身大サイズのAIキャラクターが本当にそこに「いる」と感じられる独自の映像表現技術とセンサー技術を組み合わせた装置だ。

65インチの特殊加工を施した最新のOLED(有機EL)ディスプレイと専用大型フロントパネルによって、4K画質の高精細なキャラクターが本当にこの中にいるかのような体験を実現することに成功した。

近づいた人の距離を検知する深度センサーが搭載されていて、人が近づくとキャラクターが自動的に挨拶をしたり、商品やサービスを紹介したりするなどのインタラクティブな接客体験が可能だ。

サイズは1010×2020×730mm、スピーカーが240×1050×240mm。重量は本体が230kg、スピーカーが8.5kg、電源はAC100V最大1000W。最大表示1407.5×804mm、オーディオは40W×2ステレオ。カメラ、マイク(オプション)、有線LAN、USB3.0搭載。対応言語は日本語(他言語は応相談)となる。

2021年3月8日、特設サイトと紹介ムービーを公開し、導入を検討する企業や施設からの問い合わせ受付を開始した。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 全てのヘッドホンをスマートヘッドホンに変換する技術を開発
  2. 800種類の電子パーツを紹介——日経BP「ラズパイ工作 パーツ大全 2021-2022」発刊
  3. CAMPFIREに登場、国産3Dプリンター「Leee」の造形物の長さは「理論上は無限」
  4. 太陽エネルギーを長期間貯蔵できる液体「太陽熱燃料」開発プロジェクト
  5. フィギュアの肌を美しく——Bfull、3Dプリントによる美肌表現技術を開発
  6. 会社を辞めて、カセットテープDJ装置を製品化することにしました
  7. ちっちゃい! 切手サイズの「Tiny2040 RP2040 開発ボード」、ケイエスワイが販売
  8. 64ビットRISC-Vチップを搭載したLinuxボード「Nezha」
  9. MIT、古文書を未開封のまま解読する手法を開発——300年前のセキュリティを解析
  10. 街中での使用に特化した小型の風力タービン——日照日数が少ない地域ではソーラーパネルより安価でより多く発電可能

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る