新しいものづくりがわかるメディア

RSS


高速高架輸送システム「SkyWay」がUAEに初登場——時速150kmで運行し、コストも道路より優れる

研究開発を促進するアラブ首長国連邦(UAE)の組織、Sharjah Research, Technology & Innovation Park(SRTI Park)は、同国初となる高速高架輸送システム「SkyWay」の稼働計画を発表した。

400mのテスト用トラックは、すでにSRTI Parkの敷地内に建設済み。SkyWayを開発するベラルーシのUnitsky String Technologyによって、2020年11月26日に建設された同システムは、2021年3月に乗客を乗せてのテスト運用を開始。さらに5月には、2kmのテスト用トラックがお目見えする予定となっている。

SkyWayは極端な中東の気候に耐え得るように設計され、レールに関しては100年間の耐久性が期待できるという。SkyWayのテストを担うUAEのSkyWay Green Techによると、建設コストは道路を新設するのと同じかそれ以下で済み、道路を維持するよりも大幅にメンテナンスを減らすことが可能だ。

14人乗りの電動スカイポッドが時速150kmで運行するトラックだけでなく、48人乗りあるいは75人乗りのポッドが時速500kmで運行する大型のトラックもある。仮にアブダビとドバイを結ぶトラックが設置されると、移動時間は20分以内に短縮される。

また時速130kmの貨物ポッドは、最大25トンの貨物を一度に輸送できるという。SkyWay Green Techによる貨物輸送は、今後3年以内に運用開始予定だ。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  2. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  3. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  4. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  5. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  6. アシックス、パラメトリックデザイン手法と3Dプリント技術を活用した「ACTIBREEZE 3D SANDAL」を開発
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  9. スイッチサイエンスがM5Stackの工業用途向け開発プラットフォーム「M5Station」を販売開始
  10. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る