新しいものづくりがわかるメディア

RSS


高速高架輸送システム「SkyWay」がUAEに初登場——時速150kmで運行し、コストも道路より優れる

研究開発を促進するアラブ首長国連邦(UAE)の組織、Sharjah Research, Technology & Innovation Park(SRTI Park)は、同国初となる高速高架輸送システム「SkyWay」の稼働計画を発表した。

400mのテスト用トラックは、すでにSRTI Parkの敷地内に建設済み。SkyWayを開発するベラルーシのUnitsky String Technologyによって、2020年11月26日に建設された同システムは、2021年3月に乗客を乗せてのテスト運用を開始。さらに5月には、2kmのテスト用トラックがお目見えする予定となっている。

SkyWayは極端な中東の気候に耐え得るように設計され、レールに関しては100年間の耐久性が期待できるという。SkyWayのテストを担うUAEのSkyWay Green Techによると、建設コストは道路を新設するのと同じかそれ以下で済み、道路を維持するよりも大幅にメンテナンスを減らすことが可能だ。

14人乗りの電動スカイポッドが時速150kmで運行するトラックだけでなく、48人乗りあるいは75人乗りのポッドが時速500kmで運行する大型のトラックもある。仮にアブダビとドバイを結ぶトラックが設置されると、移動時間は20分以内に短縮される。

また時速130kmの貨物ポッドは、最大25トンの貨物を一度に輸送できるという。SkyWay Green Techによる貨物輸送は、今後3年以内に運用開始予定だ。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 充電10分で約400km走行可能なEV向けリン酸鉄リチウム電池を開発——安全でコバルトを含まず低コスト
  2. 放射冷却と太陽熱暖房を組み合わせたハイブリッドシステムを開発——無電源で室内を冷却し、太陽エネルギーで水を加熱
  3. 自分で作って遊ぶ「ルアープラモ」、金型屋さんのやりがいも爆釣りか
  4. 応募数120件——3Dプリント猛者が集った「もじゃコン」の結果を発表
  5. 芝刈りや水やりもお任せ——スマートガーデニングロボット「Yardroid」
  6. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  7. スイッチサイエンス、ピンのステータスをLEDで表示できる「Raspberry Pi用 GPIOスクリューターミナルHAT」を発売
  8. スイッチサイエンス、「M5Stack用DDSユニット」を発売
  9. スイッチサイエンス、Arm Cortex-M0+搭載のArduino互換マイコン「Seeeduino XIAO」を発売
  10. XYZプリンティングジャパン、オープンレジン対応高性能光造形3Dプリンター「PartPro150xP」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る