新しいものづくりがわかるメディア

RSS


人機一体、西日本旅客鉄道、日本信号が汎用人型重機「空間重作業人機」の開発プロジェクトを始動

人機一体、西日本旅客鉄道(JR西日本)、日本信号は、先端ロボット工学技術に基づく高所重作業対応の汎用人型重機「空間重作業人機」の社会実装に向けた開発プロジェクトを2021年4月より開始する。

人機一体の技術を導入したロボットはローレベルに力制御/トルク制御が実装されており、サイバーフィジカルインタフェースとして、人/ロボット/環境間の柔らかな力学的相互作用を実現できることが特徴だ。

また、力制御/トルク制御の実装により、力学ベースの汎用ロボット制御技術を重ね合わせて同時実装できるだけでなく、マンマシンシナジーエフェクター(人間機械相乗効果器)として、力の相互作用をベースに操作者がロボットを操る一方で、ロボットの感覚を操作者が感じることができる。

人機一体は「人型重機を造れるほどの先端ロボット工学技術に関する知的財産」を、ビジネスモデル「人機プラットフォーム」を利用して最大限に活用することで、これまで自動化は不可能と思われてきた現場の機械化を目指す。人機プラットフォームとは、リソースのない同社がロボットを製造販売するのではなく、解決困難な課題を抱える企業と連携し、課題解決に向けたプラットフォームを提供するビジネスモデルだ。

今回利用する「空間重作業人機社会実装プラットフォーム」は人機プラットフォームの中でも特に高所における重作業の機械化を目指しており、力制御技術およびパワー増幅バイラテラル制御技術により、まるで自分が空間を飛び回っているかのような感覚で高所重作業が実行できる。同プラットフォームではJR西日本がユーザー企業、日本信号が活用企業となる。

この開発プロジェクトに先立ち、人機一体は空間重作業人機のPoC試作機「零式人機 ver.1.0」を、ロボテスEXPO 2021(福島ロボットテストフィールド/2021年3月18~19日開催)で初めて公開した。

零式人機 ver.1.0は実験的な先端技術を取り入れた力制御パワー増幅システムだ。同機はあくまでPoC試作機との位置づけで、今後の人機プラットフォームにおける連携の中で、JR西日本、日本信号とともに早期の製品化を目指す。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 充電10分で約400km走行可能なEV向けリン酸鉄リチウム電池を開発——安全でコバルトを含まず低コスト
  2. 完全オフグリッドのコンテナハウスが登場——太陽光と風力で自家発電し雨水を生活用水に利用
  3. スイッチサイエンス、ピンのステータスをLEDで表示できる「Raspberry Pi用 GPIOスクリューターミナルHAT」を発売
  4. スイッチサイエンス、「M5Stack用DDSユニット」を発売
  5. プログラム初心者が「勉強しよう!」と思ったらすぐ始められる、「micro:bit basic」
  6. スイッチサイエンス、Arm Cortex-M0+搭載のArduino互換マイコン「Seeeduino XIAO」を発売
  7. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  8. DMM.make AKIBA、工房機能を8月末に終了。今後はコワーキングスペース中心の運営に
  9. ラズパイでピザ窯制御——秋葉原にIoTピザ屋台「おとめし」が登場
  10. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る