新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Pi Compute Module 4用キャリアボード「CM Hunter」

Raspberry Pi Compute Module 4用キャリアボード「CM Hunter」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

組み込み向けのRaspberry Pi Compute Module 4は、SoCにRaspberry Pi 4と同じ「BCM2711」を搭載し、Wi-FiとBluetoothによる無線通信機能の有無や、RAM容量(1/2/4/8GB)の選択ができる。CM Hunterと組み合わせることで、各種通信プロトコルへの対応や外部デバイスとの接続が可能になる。

photo

対応する通信プロトコルは、RS485/Modbus絶縁タイプ、CAN 2.0B絶縁タイプ、1-Wire絶縁タイプ、HDMI 2.0、ギガビットイーサネット、USB 2.0、2.4 GHz/5.0 GHz IEEE 802.11 b/g/n/acワイヤレス、Bluetooth 5.0、BLEに対応する。また、リアルタイムクロック、リレー、SD/MMCコネクタを搭載し、オプションで3.5/4インチLCDタッチディスプレイとクーリングファンも用意している。

photo

OSはRaspbian GNU/Linux 10に、プログラミング言語はPython、QML、PyQTなどに対応する。5Vの給電は、microUSBケーブルを使用する。サイズは公式のキャリアボードよりコンパクトな79×97mmで、4層基板構造を採用。すべての設計ファイルはオープンソースで、機能のアップグレードも予定している。

CM Hunterは、今なら送料込みの99ユーロ(約1万2800円)で入手できる。Raspberry Pi Compute Module 4とmicroUSBケーブルは含まれていない。2021年6月の出荷を予定している。1万3000ユーロ(約168万円)の調達を目標に、2021年3月26日までクラウドファンディングを実施中だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiをFAに活用——コンテック、計測制御用HAT「CPIシリーズ」発売
  2. ステンレスにも刻印できる準産業グレードのレーザー加工機「LaserPro」
  3. トンボをヒントにした羽ばたき式飛行機を開発
  4. 燕三条発——黒酸化加工ステンレス製シェラカップがMakuakeに登場
  5. 体温をバッテリーに利用する、自己修復型ウェアラブル熱電発電機を開発
  6. プログラミング上級者は脳活動が洗練されている——コード解析時の脳活動パターンが明らかに
  7. スイッチサイエンス、植物栽培向けM5Stack用水分測定センサ付き給水ポンプユニットを発売
  8. FLINT、M5Stackをパネルにマウントするためのキット開発
  9. 学生起業→就職→渡米を経て建機スタートアップ起業 ARAV白久レイエス樹が歩んだ10年
  10. ドローンを使った果樹収穫サービス——AI技術を活用して市場に出せる果実を選別して収穫

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る