新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Pi Compute Module 4用キャリアボード「CM Hunter」

Raspberry Pi Compute Module 4用キャリアボード「CM Hunter」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

組み込み向けのRaspberry Pi Compute Module 4は、SoCにRaspberry Pi 4と同じ「BCM2711」を搭載し、Wi-FiとBluetoothによる無線通信機能の有無や、RAM容量(1/2/4/8GB)の選択ができる。CM Hunterと組み合わせることで、各種通信プロトコルへの対応や外部デバイスとの接続が可能になる。

photo

対応する通信プロトコルは、RS485/Modbus絶縁タイプ、CAN 2.0B絶縁タイプ、1-Wire絶縁タイプ、HDMI 2.0、ギガビットイーサネット、USB 2.0、2.4 GHz/5.0 GHz IEEE 802.11 b/g/n/acワイヤレス、Bluetooth 5.0、BLEに対応する。また、リアルタイムクロック、リレー、SD/MMCコネクタを搭載し、オプションで3.5/4インチLCDタッチディスプレイとクーリングファンも用意している。

photo

OSはRaspbian GNU/Linux 10に、プログラミング言語はPython、QML、PyQTなどに対応する。5Vの給電は、microUSBケーブルを使用する。サイズは公式のキャリアボードよりコンパクトな79×97mmで、4層基板構造を採用。すべての設計ファイルはオープンソースで、機能のアップグレードも予定している。

CM Hunterは、今なら送料込みの99ユーロ(約1万2800円)で入手できる。Raspberry Pi Compute Module 4とmicroUSBケーブルは含まれていない。2021年6月の出荷を予定している。1万3000ユーロ(約168万円)の調達を目標に、2021年3月26日までクラウドファンディングを実施中だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. Raspberry Piと3Dプリンターで自分好みのデジカメを作ろう——レンズ交換式カメラ「PIKON Camera」
  4. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  5. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース
  6. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  7. DINレール対応ラズパイケース——Raspberry Pi 4B用アルミケース発売
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. 第9回 ラズパイでWindowsとやり取りするにはどうしたらいいですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る