新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ビー・アンド・プラス、DC変換不要の交流AC100Vワイヤレス給電開発に成功

ビー・アンド・プラスは、交流の電力伝送を行うワイヤレス給電を開発し、AC100Vのワイヤレス電力伝送を実現したと発表した。

photo

同社によると、従来のワイヤレス給電は、直流電圧を入力し直流電圧を出力する機器が大多数を占めている。AC100Vなどを伝送する場合は、AC100VをDC電圧に変換してワイヤレス給電を実施後、インバータを用いてDC電圧をAC100Vに変換する必要があり、機器構成が複雑になり大きくなると共に、AC→DC及びDC→AC変換が必要となり、電力ロスによる効率悪化の課題があった。

photo

一般的に各種電子機器は、内部で直流変換しており、機器を特定すれば直流でのワイヤレス給電は有効だが、複数機器の接続を行ったり機器全体の保証を考えて電力はAC100Vを求めるニーズがあるという。そこで、AC100Vの電力を直流変換することなく出力するワイヤレス給電の技術開発を行った。

photo

今回開発した技術により、従来のようなDC変換用の周辺機器が不要になり、システム全体が小型化になると共に、ワイヤレス給電の伝送効率を向上させることが可能だ。

photo

ワイヤレス給電のため、AC100Vのコンセントの電力を本やガラス越しなどを通過させて送ることができる。AC100Vの伝送のため、ACタップをつないでテレビや携帯の充電など複数の機器へ接続可能なことから、密閉した場所へ壁越しでのAC100Vの給電や、ACタップ接続部を防水加工し水中でのAC100Vの活用など、ワイヤレス給電は様々なシーンでの活用が可能な技術だと言える。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  4. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  5. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  6. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  10. 第11回 抵抗? コンデンサー? IC? ラズパイで扱う電子パーツについて教えて!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る