新しいものづくりがわかるメディア

RSS


MakerBotの3Dプリンター「METHOD」、ステンレス鋼フィラメントに対応

MakerBotは2021年2月16日、3Dプリンター「METHOD」用の実験用エクストルーダー「MakerBot LABS Experimental Extruder」について、BASF 3D Printing Solutionsが提供する「Forward AM」ブランドのステンレス鋼フィラメント「Ultrafuse 316L」に対応したと発表した。

METHODは、ポリマー、複合材料、金属材料などをプリントできる加熱チャンバーを備えた産業用デスクトッププリンター。モジュール構造で、エクストルーダーの交換も容易だ。最新の実験用エクストルーダー「MakerBot LABS GEN 2 Experimental Extruder」が金属-ポリマー複合材料に対応したことで、金属3Dプリンティングに特化したシステムと比べ、試作にかかるコスト効率の向上が期待できる。

Ultrafuse 316Lはステンレスとポリマーの複合フィラメントで、造形後に脱脂と焼結のプロセスを経ることで、試作や製造ツール、最終製品に必要な高い強度と剛性、耐久性を兼ね備えた部品を製作できる。最終製品の密度は、最大で純粋な316L金属材料の96%に達する。軽量で引張強度の高い中空部品を製作できるのも特長だ。

「我々の顧客は金属3Dプリンティングに興味を示していたが、従来のソリューションは高額なコストと大規模な工程であるために躊躇していた。MakerBot LABSプログラムの一環として金属フィラメントをサポートすることで、顧客はプリント、脱脂、焼結ソリューション全てに投資することなく、より簡単で手頃な方法で金属3Dプリンティングを体験できる」と、MakerBot製造部門副社長のJohan-Till Broer氏は語る。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  4. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  5. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  6. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  10. 第11回 抵抗? コンデンサー? IC? ラズパイで扱う電子パーツについて教えて!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る