新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ARAVら、河川敷の草刈りを自動化する「大型自律走行型草刈り機」共同開発

建機の自動化を目指す東大発スタートアップのARAVは、金杉建設、アクティブ・ソリューション、創和と共同で河川堤防の草刈り作業を自動化する「大型自律走行型草刈り機」を開発した。

photo

同社によると、自動草刈り機の導入により、作業の効率化や省人化に加えて、あらかじめプログラムされた経路を正確に作業できるというメリットもある。草刈り機自体は既製品を流用し、自律運転を可能にするシステムを付加している。

photo

2021年3月8日には、国土交通省の担当者や建設会社、建機のレンタル会社を招いて見学会を実施。同年3月16日には、これまでのテスト運用などで収集したデータを解析し、繰り返し行ってきた研究/開発の結果を反映させた実証実験を、埼玉県の江戸川河川敷において実施した。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  2. 好奇心とエラーが生んだ極彩色の3Dプリント——「積彩」が求める未知の驚き
  3. 3Dプリンター製液体ロケットエンジン「E-2」が試験燃焼でフル推力を達成
  4. クラウドベースIDEを使いFPGAの基礎から応用まで学べるFPGAボード「STEPFPGA」
  5. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  6. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  7. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  8. APPLE TREE、高さ600mmまで造形可能な大型FFF方式3Dプリンター「Guider 3 Plus」を公開
  9. 電気を使わずビニールテープ製フライホイールで動く8脚ロボット、発進!
  10. そうめんの空箱とラズパイで昭和のゲームを作る

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る