新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ARAVら、河川敷の草刈りを自動化する「大型自律走行型草刈り機」共同開発

建機の自動化を目指す東大発スタートアップのARAVは、金杉建設、アクティブ・ソリューション、創和と共同で河川堤防の草刈り作業を自動化する「大型自律走行型草刈り機」を開発した。

photo

同社によると、自動草刈り機の導入により、作業の効率化や省人化に加えて、あらかじめプログラムされた経路を正確に作業できるというメリットもある。草刈り機自体は既製品を流用し、自律運転を可能にするシステムを付加している。

photo

2021年3月8日には、国土交通省の担当者や建設会社、建機のレンタル会社を招いて見学会を実施。同年3月16日には、これまでのテスト運用などで収集したデータを解析し、繰り返し行ってきた研究/開発の結果を反映させた実証実験を、埼玉県の江戸川河川敷において実施した。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  4. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  5. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  10. 第1回 ラズパイってなんですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る