新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Microsoft、エッジAIを簡単に構築できるプラットフォーム「Azure Percept」を発表

Microsoftは2021年3月2日、オンラインカンファレンス「Microsoft Ignite 2021」において、新しいエッジAIプラットフォーム「Azure Percept」のパブリックプレビューを発表した。AIに関する高いスキルがなくても、簡単にAzure AIをエッジに組み込むことができるようになる。

photo

Azure Perceptは、エッジAIソリューションを作成するためのセキュリティ機能を搭載した、包括的で使いやすいプラットフォームだ。

従来、エッジAIの実装にはエンジニアやデータサイエンティストらの高度な専門知識を必要とするが、「Azure Perceptは、その障壁を取り除く」と同社副社長兼GMのMoe Tanabian氏は語る。「多くのユースケースにおいて、エッジAIベースのソリューションを開発するための技術的なハードルが大幅に下がった。組み込み開発やデータサイエンスに関する高度なスキルを持たない開発者でも、これらを構築できるだろう」としている。

開発キットとして、インテリジェントカメラ「Azure Percept Vision」などをセットにした「Azure Percept DK」を提供する。さらに、4マイクを搭載した「Azure Percept Audio」を追加すれば、音声機能を拡張できる。

また、「Azure Percept Studio」を利用すれば、コーディングの知識や経験の有無にかかわらず、開発、訓練、概念実証(PoC)の展開といったAIの一連のライフサイクルの構築ができる。

適応シーンは小売店舗から工場まで幅広く、例えば、生産ラインで規格外品を自動で識別するシステムを構築することで、出荷前の製品選別がしやすくなる。

開発キットは業界標準の80/20 Tスロットフレーム構造を採用しているので、従来のインフラを活用してPoCを実施できるのも利点だ。クラウドに接続しないで高速計算する場面や、通信の信頼性が低い環境でも、エッジ上でAI処理が可能になる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. Creality製の光造形3Dプリンター「HALOT-ONE PLUS」、サンステラが発売
  5. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  6. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載
  7. LEGO、教育用プログラミングロボットシリーズ「マインドストーム」を2022年年内で販売終了
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 工学社が書籍「『Raspberry Pi』から広がる電子工作の世界」を発売
  10. 柔軟な構造の分散型波力発電装置が特許を取得——風に揺れる建物や自動車が走行する道路などからも発電できる可能性

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る