新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Wi-Fi機能を搭載したRISC-V開発ボード——スイッチサイエンス、「Wio Lite RISC-V」発売

スイッチサイエンスは、GD32VF103ベースのFeatherフォームファクターRISC-V開発ボード「Wio Lite RISC-V」を発売した。

photo

同ボードは、Nuclei System TechnologyのBumblebeeコアGD32VF103CBT6を搭載。RV32IMAC命令セットおよびECLIC割込み機能に対応する。コアの消費電力は従来のCortex-M3の3分の1になるという。また、オンボードにESP8266 Wi-Fi Wio CoreおよびLi-Po充電回路を搭載しているので、IoT向け用途にも適している。無線モジュールは技適取得済みで国内でも問題なく使用できる。

photo

裏面にはmicroSDスロットを搭載。Wio Lite用Groveシールドも利用可能なためさまざまな拡張が可能だ。価格は1034円(税込)となっている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  4. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  5. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. Liqcreate、柔軟性と高弾性を追求した光造形3Dプリンター用レジン「Elastomer-X」を発表
  10. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る