新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ザイン、Raspberry Piカメラモジュールの伝送距離延長キット「THSER101」を発売

ザインエレクトロニクスが、Raspberry Piカメラモジュールのカメラ画像長距離伝送キット・ソリューション「THSER101」の販売を2021年3月に開始した。

THSER101を利用すれば、同社の伝送技術「V-by-One HS」により、Raspberry Piカメラモジュールの伝送距離をRaspberry Pi本体から離れた場所に延長できる。伝送距離は最大で20m程度までの延長が可能だ。

THSER101は、MIPI CSI-2映像信号をV-by-One HS信号へ変換するトランスミッターIC「THCV241A」を搭載したTxボードと、V-by-One HS信号からMIPI CSI-2映像信号へと戻すレシーバIC「THCV242」を搭載したRxボードで構成されている。

使用方法は、RxボードをRaspberry Piコンピュータに、TxボードをRaspberry Piカメラにそれぞれ接続した後、RxボードとTxボードをつなげるだけだ。プラグアンドプレイで利用でき、接続後のプログラミングやコマンドの追加などは必要ない。

対応しているRaspberry Piのモデルは、Raspberry Pi 4 Model B/3 Model+の2種類。 サポートしているカメラモジュールの種類はRaspberry Pi Camera Module V1.3(モード限定)、Raspberry Pi Camera Module V2、Raspberry Pi High Quality Cameraの3タイプとなる。

キットはDigi-Keyで購入でき、価格は58ドル78セント(約6410円)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  2. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  3. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  4. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  5. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  6. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  10. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る