新しいものづくりがわかるメディア

RSS


AIを搭載した警備アバターロボット「ugo」——公共施設警備の実証実験を実施

アバターロボットの開発を手掛けるMira Roboticsが、大分県の地場警備会社である日本連合警備、総合ビルメンテナンス会社である大成と共同で、大分県立美術館にて警備ロボット「ugo TS-R」による館内警備の実証実験を実施した。

ugoは、2本のアームと高さ調整により、遠隔でさまざまな業務を遂行できるアバターロボットだ。ただのアバターロボットではなく、AIによる学習機能も備えており、同じ稼働条件下であれば自動モードも可能。従来の単純なアバターロボットと完全自動化ロボット双方の利点を併せ持つ。

今回の実証実験では、公共施設の警備へugoを活用。館内の立哨警備や自動巡回警備を実施し、その有用性を確認した。巡回警備中には空気環境測定、立哨警備中にはugo搭載のAIによる来館者人数のカウント試験も実施している。

一連の実証実験の結果を踏まえ、Mira Roboticsはugoの多用途化を目指してさらに開発を進めるという。日本連合警備は公共空間の警備へのアバターロボット導入を進め、大成は地方の警備会社との連携を深めるとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiをFAに活用——コンテック、計測制御用HAT「CPIシリーズ」発売
  2. ステンレスにも刻印できる準産業グレードのレーザー加工機「LaserPro」
  3. トンボをヒントにした羽ばたき式飛行機を開発
  4. 体温をバッテリーに利用する、自己修復型ウェアラブル熱電発電機を開発
  5. 燕三条発——黒酸化加工ステンレス製シェラカップがMakuakeに登場
  6. スイッチサイエンス、植物栽培向けM5Stack用水分測定センサ付き給水ポンプユニットを発売
  7. 学生起業→就職→渡米を経て建機スタートアップ起業 ARAV白久レイエス樹が歩んだ10年
  8. プログラミング上級者は脳活動が洗練されている——コード解析時の脳活動パターンが明らかに
  9. FLINT、M5Stackをパネルにマウントするためのキット開発
  10. ドローンを使った果樹収穫サービス——AI技術を活用して市場に出せる果実を選別して収穫

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る