新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Unity、産業用ロボットの姿勢推定を実行できる「Object Pose Estimation」のデモを公開

Unityは、マルチプラットフォーム向け総合開発環境「Unity」上で再現した産業用ロボットの姿勢推定を実行できる「Object Pose Estimation」のデモを公開した。

ロボットが物体を持ち上げて運ぶためには、物体の姿勢を推定する必要がある。これを行うObject Pose Estimationのデモは、コンピュータービジョンとシミュレーション技術を組み合わせたもので、UnityのAIと機械学習能力が産業現場でのロボット使用にどのような効果をもたらすかを示すものだ。

Unity Object Pose Estimation

GitHubで公開されたObject Pose Estimationのデモは、Universal Robots製ロボットアーム「UR3」の姿勢推定をUnity上で行うためのステップを示すチュートリアルになっており、URDFモデルのインポートに始まり、データ収集、深層学習モデルのトレーニングまでをカバーしている。このチュートリアルを終了すれば、コンピュータービジョンを使って物体を認識しピックアンドプレースを行うロボットアームの動作が行えるようになるという。

UnityのAI担当シニアバイスプレジデントであるDanny Lange博士は、「これは、あらかじめプログラムされたシステムではなく学習するシステムの良い例だ。合成データから学習することで、どんなプログラマーでもできないようなはるかに微妙なパターンをとらえられるようになる。我々のテクノロジーを積み重ねていくことは、我々がどのように一線を画しているのか、そして、我々が真の意味でのAIに取り組み始めていることを明らかにしており、今回のデモではロボットのトレーニング効率化が可能であることを示している」とコメントしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. Creality製の光造形3Dプリンター「HALOT-ONE PLUS」、サンステラが発売
  5. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  6. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載
  7. LEGO、教育用プログラミングロボットシリーズ「マインドストーム」を2022年年内で販売終了
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 工学社が書籍「『Raspberry Pi』から広がる電子工作の世界」を発売
  10. 柔軟な構造の分散型波力発電装置が特許を取得——風に揺れる建物や自動車が走行する道路などからも発電できる可能性

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る