新しいものづくりがわかるメディア

RSS


APPLE TREE、SCANTECH製3Dスキャナー「KSCAN 20」と「HSCAN 331」を発売

TAG

新製品 設計・開発 3Dスキャナ
製品使用のイメージ

APPLE TREEが、SCANTECH製のレーザー方式3Dスキャナー「KSCAN 20」と「HSCAN 331」を販売開始した。

製品使用シーンのイメージ 製品使用シーンのイメージ
 

工業用マルチハンドヘルド3DスキャナーのKSCAN 20はレッドレーザーとブルーレーザーを備え、全局撮影による3D測定が行える。コインサイズから大型飛行機までのさまざまサイズの対象物を最高精度0.02mmでスキャン。検査やリバースエンジニアリング向け計測を効率化できるとしている。また、従来3Dスキャンが難しかった光沢のある表面、または黒色の物体でも、スプレーなどの処理をせずにスキャン可能だ。

HSCAN 331は、ハンディータイプのレーザー3Dスキャナーだ。測定室の定盤上以外でも、さまざまな現場に持ち運んで高精度な測定ができる。ハンディータイプのため、外部ポジショニングやアームなどの固定具は不要。測定する環境やユーザーの経験などの影響を受けにくいのも特徴だ。自動車や電化製品のコンセプト設計やデザイン、製造/保守におけるリバースエンジニアリングや検査、さらに美術品や文化遺産のアーカイブなど、さまざまな分野での活用が期待できる。

3DスキャナーブランドSCANTECHの総代理店であるAPPLE TREEは、今回SCANTECH製品の公式サイトを開設。併せてレンタルサービスやスキャンサービスも開始している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  4. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  5. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  10. 第1回 ラズパイってなんですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る