新しいものづくりがわかるメディア

RSS


7画面ノートパソコンのプロトタイプが登場——4Kディスプレイを4面搭載

Expanscape

英Expanscapeが、折りたたんで持ち運べる7画面ノートパソコン「Aurora 7」のプロトタイプを発表した。

Aurora 7は17.3インチのメインディスプレイに加え、メインディスプレイ背後から左右両サイドと上部にスライド展開する17.3インチディスプレイを3面備えている。メインディスプレイの横に配置されるディスプレイは縦型、上部のディスプレイは横型の配置となる。いずれのディスプレイも4K UHD(3840×2160)で、60Hzで動作する。その他にWUXGA(1920×1200)7インチディスプレイを3面搭載。メインディスプレイの両サイドに配置される縦型ディスプレイの上部にそれぞれ1面ずつ、そしてキーボード右下のパームレストに1面が配置されたデザインだ。

Aurora 7のプロトタイプは、CPUにIntel Core i9-9900K(8コア/16Mキャッシュ)を、GPUにNvidia GeForce GTX 1060を採用している。7画面でプログラムを同時に実行させることを想定し、RAMはDDR4 2666MHz 64GBを搭載。M.2 SSDスロットと2.5インチSATAスロットがそれぞれ2基あり、最大でSSD×3(1TB×2、500GB×1)とHDD×1(2TB)を搭載できるようだ。

折りたたんだ状態の大きさは510×340×110mm。全てのディスプレイを開いた状態の最大幅は960mmで、高さは590mmだ。バッテリー駆動も可能で、82Whバッテリーと148Whバッテリーを搭載するデュアルバッテリー方式だ。通常の使用条件下ではバッテリー駆動で最大1時間程度使えるようだ。総重量は約12kgと持ち運びするには重たいが、同社はさらなる軽量化を図っていきたいとしている。

Aurora 7プロトタイプの販売は問い合わせベースで対応するが、プロトタイプ開発中であるため、価格を含め秘密保持契約(NDA)締結が必要となっている。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ケイ砂の蓄熱を利用——再生可能エネルギーを安価に保存するシステムを開発中
  2. 1台3役の3Dプリンター「Snapmaker 2.0」の新モデルが登場——静音性と高速性を向上
  3. スキャン精度0.1mm、フレームレート10fpsに向上——ハンディー3Dスキャナー「Revopoint POP 2」
  4. ケイ砂の蓄熱を利用——再生可能エネルギーを安価に保存するシステムを開発中
  5. 電力不要で海水を淡水化——EU主導で進行中の海水淡水化プロジェクト
  6. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料
  7. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  8. Dr.片山の100均ロボット研究室 右手っぽく握ったり開いたりするロボットハンド
  9. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料
  10. AIマシンビジョンにも3Dプリントにも使えるデスクトップ4軸ロボットアーム「HUENIT」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る