新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Tundra Labs がSteamVR対応超小型トラッカーのKickstarterプロジェクトで支援者を募集

Tundra Labsは2021年3月30日(日本時間)から、SteamVR対応超小型トラッカー「Tundra Tracker」、および複数台のSteamVR対応デバイスが同時接続できるドングル「Super Wireless Dongle」のKickstarterプロジェクトを開始した。

Tundra Trackerは、フレキシブル基板上にSteamVRトラッキング向けの回路やコンポーネントを効率的に配置することで、約5×5×3.8cmの小型の筐体を実現した。重量は46~50gになる予定だ。同社によると「世界最小、最軽量のSteamVR対応トラッカーとなる。VRChatやバーチャルモーションキャプチャーなどのアプリケーションを利用したVR内でのフルボディトラッキングや、バーチャルプロダクションでのカメラなど、SteamVRのトラッキング技術を利用するユーザーをターゲットにしている。

Kickstarterでは95米ドル以上の支援でリワードとして選択できる。Kickstarter限定のストラップ/靴ひも用ループと1/4インチネジ用マウントの2種類のベースプレートが付属する。

Super Wireless Dongleは、Valve IndexコントローラーやHTC VIVE/VIVE Proのコントローラー、歴代のVIVE Trackerなどの各種SteamVR対応デバイスとペアリングできるドングルだ。接続可能デバイスが3台の「SW3」、同5台の「SW5」、同7台の「SW7」の3種類が用意されており、42米ドル以上の支援でリワードとして選択できる。

プロジェクト目標額が約2771万円であるところ、2021年4月1日午前中(日本時間)時点で既に約8800万円を超える金額を獲得し、2000人強の支援者が集まっている。目標達成となっているものの、募集は継続中だ(記事掲載時点)。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  4. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  5. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  10. 第1回 ラズパイってなんですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る