新しいものづくりがわかるメディア

RSS


遊びながら電子工作のスキルを伸ばす——STEM教育向けプログラマブル電子ブロックキット「Crowbits」

STEM教育向けプログラマブル電子ブロックキット「Crowbits」がKickstarterに登場し、1日で目標額の調達に成功している。

photo

Crowbitsは、各種電子ブロックを使いプロジェクトを完成することで、STEMのスキルを伸ばす教育キット。レベルに応じた5つのキットを用意しており、ブロックをつなげるだけの簡単なものから、プログラミングで複雑な制御をする難易度の高いものまで、さまざまなプロジェクトを提供する。PBL(Problem Based Learning)を通じ子どもたちの問題解決能力や創造力を育てる。

photo

ブロックは機能別に、ブルー、イエロー、グリーン、オレンジの4色に色分けされている。電源/制御系のブルーは、パワー/各種ロジック(AND、NOT、OR)/メインボードなど、インプット系のイエローはボタン、ポテンショメーター、各種センサーなど、アウトプット系のグリーンはMP3、各種LED、ブザー、各種モーター、リレーなど、I2C/UART通信系のオレンジは2G、バロメーター、カラーセンサー、デジタルディスプレイなどの80以上のモジュールを揃えている。

photo

ブロックの素材は丈夫なABSを使い、丸みのある形状や低電圧で安全性にも配慮している。マグネット式なので、ポゴピンコネクターに合わせて簡単につなげたり外したりできる。レゴブロックと互換性があり、組み合わせて歩行ロボットやロボットカーなどを作ることができる。

photo

メインボードには、Arduino、micro:bit、ESP32、Raspberry Piを搭載可能。初心者でもドラッグアンドドロップで簡単にコーディングができる、Scratch 3.0ベースのグラフィカルプログラミングソフトウェア「Letscode」を提供し、上級者向けにはPython、Javaを使った高度なコーディングにも対応する。超音波/ジェスチャー/カラーセンサーを搭載し、BLEでリモコン操作できるロボットカーや、オンラインゲームのコントローラー、ゲームコンソールなどさまざまなプロジェクトを用意している。

photo

Crowbitsは、今なら数量限定の早割価格で提供しており、「Hello Kit」は201香港ドル(約2800円)、「Explorer Kit」は542香港ドル(約7700円)、「Inventor Kit」は619香港ドル(約8800円)、「Creator Kit」と「Master Kit」は697香港ドル(約9900円)で入手できる。出荷は2021年6月の予定で、日本への送料はキャンペーン終了後に確定する。

photo

Crowbitsは、2021年4月10日までクラウドファンディングを実施中。4月2日時点で、7万7520香港ドル(約110万円)の目標額を大きく上回る約58万香港ドル(約838万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 充電10分で約400km走行可能なEV向けリン酸鉄リチウム電池を開発——安全でコバルトを含まず低コスト
  2. 放射冷却と太陽熱暖房を組み合わせたハイブリッドシステムを開発——無電源で室内を冷却し、太陽エネルギーで水を加熱
  3. 自分で作って遊ぶ「ルアープラモ」、金型屋さんのやりがいも爆釣りか
  4. 応募数120件——3Dプリント猛者が集った「もじゃコン」の結果を発表
  5. 芝刈りや水やりもお任せ——スマートガーデニングロボット「Yardroid」
  6. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  7. スイッチサイエンス、ピンのステータスをLEDで表示できる「Raspberry Pi用 GPIOスクリューターミナルHAT」を発売
  8. スイッチサイエンス、「M5Stack用DDSユニット」を発売
  9. スイッチサイエンス、Arm Cortex-M0+搭載のArduino互換マイコン「Seeeduino XIAO」を発売
  10. XYZプリンティングジャパン、オープンレジン対応高性能光造形3Dプリンター「PartPro150xP」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る