新しいものづくりがわかるメディア

RSS


遊びながら電子工作のスキルを伸ばす——STEM教育向けプログラマブル電子ブロックキット「Crowbits」

STEM教育向けプログラマブル電子ブロックキット「Crowbits」がKickstarterに登場し、1日で目標額の調達に成功している。

photo

Crowbitsは、各種電子ブロックを使いプロジェクトを完成することで、STEMのスキルを伸ばす教育キット。レベルに応じた5つのキットを用意しており、ブロックをつなげるだけの簡単なものから、プログラミングで複雑な制御をする難易度の高いものまで、さまざまなプロジェクトを提供する。PBL(Problem Based Learning)を通じ子どもたちの問題解決能力や創造力を育てる。

photo

ブロックは機能別に、ブルー、イエロー、グリーン、オレンジの4色に色分けされている。電源/制御系のブルーは、パワー/各種ロジック(AND、NOT、OR)/メインボードなど、インプット系のイエローはボタン、ポテンショメーター、各種センサーなど、アウトプット系のグリーンはMP3、各種LED、ブザー、各種モーター、リレーなど、I2C/UART通信系のオレンジは2G、バロメーター、カラーセンサー、デジタルディスプレイなどの80以上のモジュールを揃えている。

photo

ブロックの素材は丈夫なABSを使い、丸みのある形状や低電圧で安全性にも配慮している。マグネット式なので、ポゴピンコネクターに合わせて簡単につなげたり外したりできる。レゴブロックと互換性があり、組み合わせて歩行ロボットやロボットカーなどを作ることができる。

photo

メインボードには、Arduino、micro:bit、ESP32、Raspberry Piを搭載可能。初心者でもドラッグアンドドロップで簡単にコーディングができる、Scratch 3.0ベースのグラフィカルプログラミングソフトウェア「Letscode」を提供し、上級者向けにはPython、Javaを使った高度なコーディングにも対応する。超音波/ジェスチャー/カラーセンサーを搭載し、BLEでリモコン操作できるロボットカーや、オンラインゲームのコントローラー、ゲームコンソールなどさまざまなプロジェクトを用意している。

photo

Crowbitsは、今なら数量限定の早割価格で提供しており、「Hello Kit」は201香港ドル(約2800円)、「Explorer Kit」は542香港ドル(約7700円)、「Inventor Kit」は619香港ドル(約8800円)、「Creator Kit」と「Master Kit」は697香港ドル(約9900円)で入手できる。出荷は2021年6月の予定で、日本への送料はキャンペーン終了後に確定する。

photo

Crowbitsは、2021年4月10日までクラウドファンディングを実施中。4月2日時点で、7万7520香港ドル(約110万円)の目標額を大きく上回る約58万香港ドル(約838万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ラズパイでレトロ家電をIoT化——Raspberry Pi Zeroで制御する「Teasmade 2.0」
  2. TIがPythonを搭載した関数電卓「TI-84 Plus CE Python」を発売
  3. スイッチサイエンスが「reTerminal - 5インチタッチスクリーン付き Raspberry Pi CM4搭載デバイス」を発売
  4. ラズパイでプレイ中のアルバムアートを表示——Raspberry Piを使った64×64LEDマトリックスディスプレイ
  5. M5Stackでキーボードを作る——遊舎工房、自作キーボードキット「AZ-M5ortho」発売
  6. Raspberry Piで動かす小型ローバー——アクションカメラを搭載して進化する「Zippy」
  7. コンパクトながら高性能——デスクトップ型5W/10Wレーザー加工機「xTool D1」
  8. 廃熱を電気エネルギーに変換する高効率熱電材料を開発
  9. 自称Mac信者の友人を自作キーボード沼に沈めたい
  10. ATCやバキュームも搭載——4軸対応デスクトップCNC加工機「Carvera」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る