新しいものづくりがわかるメディア

RSS


バナナもゲームコントローラーに——ソニー、画像認識を入力手段とする特許を出願

ソニーは、手にしたものを何でもゲームコントローラーとして使える技術を、イギリスとアメリカで特許出願している。

この特許は、ビデオゲームをプレイする際、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)、モーションコントローラー、ハンドヘルドゲームコントローラーなど、複雑で特殊なデバイスを必要とすることがゲームを始めるうえでの障壁となるとし、電気を使わない単純で安価なものをビデオゲームのコントローラーとして使えるようにすることを目的としている。

具体的には、ユーザーが手にしたものの画像を取得してピクセルに分解、それの姿勢の変化を検出してユーザーのインプットに変換してビデオゲームに入力するという技術だ。ソニーは光を発しないものなら何でも使えるとしており、出願書類に添付された図面では、バナナをコントローラーとして使用することが例示されている。

この特許は2019年8月1日にイギリスで出願され、これを基礎として2020年7月15日に優先権主張してアメリカで出願されている。アメリカでは2021年2月4日に出願公開され、2021年3月10日時点で審査中だ。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 充電10分で約400km走行可能なEV向けリン酸鉄リチウム電池を開発——安全でコバルトを含まず低コスト
  2. 放射冷却と太陽熱暖房を組み合わせたハイブリッドシステムを開発——無電源で室内を冷却し、太陽エネルギーで水を加熱
  3. 自分で作って遊ぶ「ルアープラモ」、金型屋さんのやりがいも爆釣りか
  4. 応募数120件——3Dプリント猛者が集った「もじゃコン」の結果を発表
  5. 芝刈りや水やりもお任せ——スマートガーデニングロボット「Yardroid」
  6. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  7. スイッチサイエンス、ピンのステータスをLEDで表示できる「Raspberry Pi用 GPIOスクリューターミナルHAT」を発売
  8. スイッチサイエンス、「M5Stack用DDSユニット」を発売
  9. スイッチサイエンス、Arm Cortex-M0+搭載のArduino互換マイコン「Seeeduino XIAO」を発売
  10. XYZプリンティングジャパン、オープンレジン対応高性能光造形3Dプリンター「PartPro150xP」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る