新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スイッチサイエンス、デジタル出力で物体検出と未検出を伝える「Pololuデジタル距離センサ物体検出型」発売

スイッチサイエンスは、「Pololuデジタル距離センサ(最大距離15cm)物体検出型」を発売した。

photo

Pololuデジタル距離センサは、照準線沿いの15cm以内の物体を検出し、デジタル出力で物体検出と未検出を伝えるセンサーだ。

photo

赤外線レーザー光線の放出パルスが近接物体に到達する時間を正確に測定する短距離センサーモジュールを使用。センサー性能は、物体の反射率や周辺照明条件とはほぼ独立だ(反射率が極端に低い物体では距離は短くなる)。物体が閾値を通過時に確実に遷移できるように、最大距離閾値にはヒステリシスがある。

photo

視野角(FOV)は15°、データ更新頻度は6.9msごと(45Hz)。動作電圧は3.0~5.5V、消費電流は有効時30mA、無効時約0.4mA。ボード裏面に、物体検出時にも点灯する赤色LEDが付いている。製品サイズは21.6×8.9×3.1mm、重量0.4g、ピン間隔は2.54mmだ。

表面実装された設定用ジャンパーなどを使い、検出最大距離やデータの最小更新頻度の設定、測定した距離のパルス幅を出力させることもできる。税込価格は1441円だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 充電10分で約400km走行可能なEV向けリン酸鉄リチウム電池を開発——安全でコバルトを含まず低コスト
  2. 放射冷却と太陽熱暖房を組み合わせたハイブリッドシステムを開発——無電源で室内を冷却し、太陽エネルギーで水を加熱
  3. 自分で作って遊ぶ「ルアープラモ」、金型屋さんのやりがいも爆釣りか
  4. 応募数120件——3Dプリント猛者が集った「もじゃコン」の結果を発表
  5. 芝刈りや水やりもお任せ——スマートガーデニングロボット「Yardroid」
  6. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  7. スイッチサイエンス、ピンのステータスをLEDで表示できる「Raspberry Pi用 GPIOスクリューターミナルHAT」を発売
  8. スイッチサイエンス、「M5Stack用DDSユニット」を発売
  9. スイッチサイエンス、Arm Cortex-M0+搭載のArduino互換マイコン「Seeeduino XIAO」を発売
  10. XYZプリンティングジャパン、オープンレジン対応高性能光造形3Dプリンター「PartPro150xP」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る