新しいものづくりがわかるメディア

RSS


DVDプレーヤーの部品で作るオープンソースプロジェクト、「レーザー走査型顕微鏡」が公開

バイオ向けオープンソースハードウェアを手掛けるスイスのGaudiLabsが、DVDプレーヤーの部品で作るレーザー走査顕微鏡を公開している。

レーザー走査顕微鏡によるスキャンは、レーザーをX-Y方向へ動かし、測定された光点をソフトウェアで合成して画像を得る。DVDレーザー走査顕微鏡は、2つのDVD読み取りヘッドで構成され、1つのヘッドがレーザーを照射しながらX方向をスキャンし、もう1つのヘッドがサンプルをY方向へ移動する。

解像度は、X方向の測定数とY方向のライン数によってきまるが、DVDヘッドの場合は、400nm程度のようだ。最大解像度は、光学顕微鏡と同様に、対物レンズの開口数とレーザーの波長で決まる。レーザー偏光は、読み取りヘッドのレンズムービングコイルで行われ、レーザーの強度とコイルのコントロールには「Arduino Micro」が使われている。

GaudiLabsのハードウェアは、「GNU Lesser General Public License v3.0」をライセンス条件とするオープンソースだ。DVDレーザー走査顕微鏡は、「OpenLaserScanningMicroscope」という名称で、部品表、回路図、ArduinoコードなどがGitHubに公開されている。顕微鏡の他に、OpenDrop(小型液滴制御装置)、PocketPCR(小型PCR検査器)などが公開され、一部はオンラインショップ(GaudiShop)で購入することができる。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 充電10分で約400km走行可能なEV向けリン酸鉄リチウム電池を開発——安全でコバルトを含まず低コスト
  2. 放射冷却と太陽熱暖房を組み合わせたハイブリッドシステムを開発——無電源で室内を冷却し、太陽エネルギーで水を加熱
  3. 自分で作って遊ぶ「ルアープラモ」、金型屋さんのやりがいも爆釣りか
  4. 応募数120件——3Dプリント猛者が集った「もじゃコン」の結果を発表
  5. 芝刈りや水やりもお任せ——スマートガーデニングロボット「Yardroid」
  6. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  7. スイッチサイエンス、ピンのステータスをLEDで表示できる「Raspberry Pi用 GPIOスクリューターミナルHAT」を発売
  8. スイッチサイエンス、「M5Stack用DDSユニット」を発売
  9. スイッチサイエンス、Arm Cortex-M0+搭載のArduino互換マイコン「Seeeduino XIAO」を発売
  10. XYZプリンティングジャパン、オープンレジン対応高性能光造形3Dプリンター「PartPro150xP」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る