新しいものづくりがわかるメディア

RSS


19.8×16.6mmのArduino——Arduino互換ボード「Minima」

小型のArduino互換ボード「Minima」がKickstarterに登場、支援を募っている。

photo

Minimaは、19.8×16.6mmと切手よりも小さい基板に、Atmelの32ビットCortex-M0+コアSAMD21G18Aマイコンのほか、レギュレーター、LED×2を搭載。ESD保護や逆電圧保護機能も備える。GPIOはデジタル×13、アナログ×5の計18ピン。SPI、I2C、UARTのほか、PWM、割り込みにも対応する。

photo

大きなパッドが特長の表面実装タイプで、はんだ付けが容易。迅速な試作や設計、製造を支援する。ハードウェアおよびソフトウェアは、オープンソース化している。「Autodesk Eagle」を利用したカスタムPCB設計が可能だ。

単品の価格は16ポンド(約2400円)で、Minima2個とブレークアウトボードをセットにしたスターターキットは30ポンド(約4500円)。出荷は2021年7月の予定で、日本への送料は10ポンド(約1500円)だ。

photo

また、MinimaボードとIoTキャリアボード、GPSアンテナ、GSM/GPRSアンテナをセットにしたIoTキットも68ポンド(約1万円)で提供する。出荷は2021年8月の予定で、日本への送料は12ポンド(約1800円)だ。

Minimaは、2021年4月21日までクラウドファンディングを実施中。4月15日時点で、1000ポンド(約15万円)の目標額を上回る約2200ポンド(約34万円)を集め、プロジェクトを達成している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ラズパイでレトロ家電をIoT化——Raspberry Pi Zeroで制御する「Teasmade 2.0」
  2. TIがPythonを搭載した関数電卓「TI-84 Plus CE Python」を発売
  3. スイッチサイエンスが「reTerminal - 5インチタッチスクリーン付き Raspberry Pi CM4搭載デバイス」を発売
  4. ラズパイでプレイ中のアルバムアートを表示——Raspberry Piを使った64×64LEDマトリックスディスプレイ
  5. M5Stackでキーボードを作る——遊舎工房、自作キーボードキット「AZ-M5ortho」発売
  6. Raspberry Piで動かす小型ローバー——アクションカメラを搭載して進化する「Zippy」
  7. コンパクトながら高性能——デスクトップ型5W/10Wレーザー加工機「xTool D1」
  8. 廃熱を電気エネルギーに変換する高効率熱電材料を開発
  9. 自称Mac信者の友人を自作キーボード沼に沈めたい
  10. ATCやバキュームも搭載——4軸対応デスクトップCNC加工機「Carvera」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る