新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Jetson Nanoを基礎から解説——ソーテック社、「Jetson Nano 超入門 改訂第2版」発刊

ソーテック社は2021年4月22日、AI開発ボードJetson Nanoの基礎から本格運用の方法までを解説する「Jetson Nano 超入門 改訂第2版」を発売する。

同書は2019年に出版された「Jetson Nano超入門」に、最新OSや新機種の情報を加えた増補改訂版だ。

まず、Jetson Nano活用に必要な周辺機器からセットアップの方法、基本的な使用方法などの基礎的な内容を解説。さらに、本格運用のための電源や冷却ファン装備、CUDA/VisionWorksデモ、物体検出、ディープラーニングを利用した楽器アプリ、3次元画像処理、および電子工作などについて解説する。加えて、最新版OSで利用可能になったコンテナ型仮想化システム「Docker」についても詳しく解説する。

OSはJetPack4.5を前提にしており、初期型のJetson Nano A02から現行機種Jetson Nano B01、またJetson Nano 2GBに対応している。

著者はJetson Japan User Group(からあげ氏、北崎恵凡氏、古瀬勉氏、鶴長鎮一氏、中畑隆拓氏)で、B5/320ページ(オールカラー)。定価は3058円(税込)となる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. Creality製の光造形3Dプリンター「HALOT-ONE PLUS」、サンステラが発売
  5. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  6. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  7. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  8. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  9. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載
  10. LEGO、教育用プログラミングロボットシリーズ「マインドストーム」を2022年年内で販売終了

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る