新しいものづくりがわかるメディア

RSS


「Nature Remo」「Nature Remo E」がシリーズ累計販売台数30万台を突破

Natureは、スマートリモコン「Nature Remo」と次世代型HEMS「Nature Remo E」のシリーズ累計販売台数が2021年4月に30万台を突破したと発表した。

photo

また、「Nature Remo 3」「Nature Remo mini 2」「Nature Remo E lite」が、ドイツの国際的デザイン賞「iFデザインアワード2021」を受賞したことも明らかにした。デザインに加えて、IoT製品から電力需要の平準化にアプローチするアイデアの革新性と、社会に与えるインパクトについても評価されたという。

Natureは2017年にNature Remoを販売開始。2019年にはNature Remo EでHEMS機器も手掛けるようになり、連携機器を拡充し、APIの提供を通じて外部パートナーとの連携を図ってきた。

累計販売台数のうち、20万台超はスマートリモコンのNature Remoが占める。最新版のNature Remo 3は、タイマー機能に加えてGPS機能や温湿度、照度、人感センサーを搭載。赤外線リモコンで操作するエアコン/テレビ/照明などの家電や、「mornin' plus」「Qrio Lock」といったBluetooth対応機器を操作できる。

「Nature Remo E」はコンセントに挿すだけで導入できる次世代型HEMS。電力の消費状況や、接続した太陽光発電システムの発電/売電状況、蓄電池の充電/放電量をリアルタイムにスマートフォンから確認できる。外出先から蓄電池の運転モードを設定する機能も備え、Nature Remoシリーズと組み合わせて使用することで、電力使用量に合わせて家電を自動制御することも可能だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. Creality製の光造形3Dプリンター「HALOT-ONE PLUS」、サンステラが発売
  5. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  6. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載
  7. LEGO、教育用プログラミングロボットシリーズ「マインドストーム」を2022年年内で販売終了
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 工学社が書籍「『Raspberry Pi』から広がる電子工作の世界」を発売
  10. 柔軟な構造の分散型波力発電装置が特許を取得——風に揺れる建物や自動車が走行する道路などからも発電できる可能性

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る